菊地成孔 / 大谷能生

人物・団体ページへ

M/D マイルス・デューイ・デイヴィス3世研究 上 河出文庫

菊地成孔 / 大谷能生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309410968
ISBN 10 : 4309410960
フォーマット
出版社
発行年月
2011年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,525p

商品説明

『憂鬱と官能』のコンビがジャズの帝王=マイルス・デイヴィスに挑む! 
東京大学における伝説の講義、ついに文庫化。上巻は誕生からエレクトリック期前夜まで。文庫オリジナル座談会には中山康樹氏も参戦!

内容詳細

東京大学における伝説の講義が、ついに文庫化。時代により変遷を重ねたマイルスの音楽世界を、理論はもとよりファッション、映画など、ジャンル横断的に論じた比較文化的マイルス論の決定版。上巻は誕生からエレクトリック期前夜まで。文庫オリジナル座談会には中山康樹氏も参加。

目次 : 第1章 マイルス・デューイ・デイヴィス三世誕生―1926‐1944(マイルス・デイヴィスの二〇世紀/ イースト・セントルイスのセンチメント)/ 第2章 ニューヨークの速度とビ・バップ―1945‐1955(都市/速度/スウィーツ/ パリのリュクスと青春の高揚/失望)/ 第3章 メジャー・デビュー、帝王の完成―1956‐1965(メジャー・デビューとオリジナル・クインテット/ アンビヴァレント・アメリカの一九五〇年代/ “都市音楽”から“汎都市音楽”へ/ レヴォリューション/モード・チェンジ)

【著者紹介】
菊地成孔 : 1963年、千葉県生まれ。音楽家、文筆家。ジャズに軸足を置きながら、ジャンルレスな音楽・執筆活動を展開

大谷能生 : 1972年、青森県生まれ。批評家、音楽家。sim、masなどのバンドに参加し、日本のインディペンデントな音楽シーンにて積極的な活動を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しびぞう さん

    いかん、読むより聞こう。頭で理解したらマイルス・デイビスに失礼かもしれない。

  • 重度の悪文 さん

    信仰告白っぽい。講義録なんだがまるでライブ感なし。加筆量が半端ないので、架空かつ捏造された講義だ。例の如く東大でカマした講義だが見事なまでに受講生の顔が浮かんでこない。密室で一人鏡見ながら喋っているかんじの深い自己陶酔的・自閉的文章。それもまたわざとなんだろう(マイルス的に)。人によっては最高、人によっては最悪(これまたマイルス的だ)。最高!

  • 霧 さん

    バンドにいて、直接教えを受けたケイ赤城のマイルス話が一番面白かった。

  • ubik さん

    東大講義録。上巻は少年時代〜マイルス中期前まで。ビ・バップ至上主義者には、後半に行けば行くほど、考察に怒りを覚えると思いますが、Hip Hop/Club Musicまでの知識がある筆者目線の語り口は興味深い。ファッションとマイルスの関連に触れているのもありそうでなかった。

  • きむらび さん

    そこそこ面白いけど、書いてる事はそもそも嘘なんだから真に受けるなよとわざわざ書くのは自己正当化がすぎると思う

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド