知性がただよう言葉づかい 日本人なら身につけたい

菅原圭

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309024097
ISBN 10 : 4309024092
フォーマット
出版社
発行年月
2015年09月
日本
追加情報
:
196p;18

内容詳細

「虚心坦懐に話し合った」「蓋然性に乏しい話だ」「眼光紙背に徹する方だ」…こんな会話をサラリとしてみたいもの。知的で奥深い、大人ならではの日本語の意味と正しい使い方が身につく!

【著者紹介】
菅原圭 : 早稲田大学文学部を卒業後、コピーライター、出版社勤務を経てフリーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • コロコロ さん

    アンダーラインと付箋紙ばかり増えていった。果たして博覧強記には程遠い僕が本書をマスターして知性がただよう言葉づかいをできる日はくるのか…とりあえず今すぐにでも使いたい言葉をいくつかピックアップして頭の片隅にでも留めておこうと思う。

  • えいなえいな さん

    この本に載っているような言葉を自然に使いこなせれば知性がある人間だと思われるかもしれないが、本当に知性があるか試されるのはどこで使うかということだと思う。せっかく難しい言葉を使っても誰にも伝わらなければ意味がないでしょう。ただ、自然に難しい言葉が自分の口から出てきたときはなかなか気分が良いです。

  • きりふき さん

    文章で見ることはあっても日常会話ではあまり使わないようなフレーズが多い。使えたらかっこよさそう

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

菅原圭

早稲田大学卒。コピーライター、出版社勤務を経てフリーに。ビジネス界のキー・パーソンをはじめ、作家、文化人など数多くの著名人を取材し、原稿化してきた経験から、日本人の暮らし方や心づかいに関心を深める。近年は、マナー、言葉づかい、生き方に関する本を多く手掛けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品