シャルキュトリー教本 フランスの食文化が生んだ肉加工品の調理技法

荻野伸也

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416714140
ISBN 10 : 4416714149
フォーマット
出版社
発行年月
2014年09月
日本
追加情報
:
221p;26

内容詳細

目次 : 第1章 パテとテリーヌ(パテ・ド・カンパーニュ/ 羊と豚皮のテリーヌ ほか)/ 第2章 ソーセージとサラミ(豚ソーセージ/ アンドゥイエット ほか)/ 第3章 リエットとコンフィ(豚リエット/ 鴨リエット ほか)/ 第4章 ハム(焼きハム/ ゆでハム ほか)/ 第5章 さまざまなシャルキュトリー(フォアグラのテリーヌ/ フォアグラのコンフィ ほか)

【著者紹介】
荻野伸也 : 1978年愛知県蒲郡市生まれ。味を重ねていくフランス料理の奥深さに魅力を感じ都内のレストランを中心に修業。2007年東京池尻に「OGINO」をオープン。2012年から、シャルキュトリーをベースにした「table ogino」を都内に4店舗展開。2014年11月、スローフードをテーマとした湘南T‐SITEに全国の契約農家からの野菜も販売するマルシェ、カフェを併設した「table ogino shonan」を開業予定(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しまめじ さん

    ひき肉を塩漬けして茹でる…まぁソーセージ?というかテリーヌというか、そんな感じなのですが、その作り方が大変丁寧に載っている本です。肉の写真があまりにくにくしくなく、静かで落ち着いた色合いなのも素敵。断面が解剖図みたいで、なるほど、こういう食生活をしてれば化学や植物画が発展するよなぁ〜と実感する次第。どれも見てすぐ食べたくなるというよりは、説明を丹念に読んで想像しているうちにじわっとくるタイプのレシピかも。肉、おいしそうです…^p^

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

荻野伸也

1978年愛知県生まれ。2007年、28歳で東京世田谷池尻に「レストランオギノ」を開店。2009年同じ池尻の現住所に移転する。移転と同時にかねてから念願だった本格的なシャルキュトリーの販売を始める。現在は「レストランオギノ」、シャルキュトリーを中心としたデリカテッセン「TABLE OGINO」など、

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品