荒木飛呂彦の超偏愛!映画の掟 集英社新書

荒木飛呂彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087206890
ISBN 10 : 4087206890
フォーマット
出版社
発行年月
2013年05月
日本
追加情報
:
222p;18

内容詳細

「映画にはサスペンスが必要だ」と豪語する荒木飛呂彦が、イーストウッド作品から青春・恋愛モノまで、あらゆる作品に潜むサスペンス性とその掟を明らかにする、全くユニークな映画論。

アクション映画、恋愛映画、アニメ…取り上げたジャンルを問わぬ映画作品の数々には、その全てに、まさに荒木飛呂彦流の「サスペンスの鉄則」が潜んでいる。本書は、その一つひとつを徹底的に分析し、作品をまったく新しい視点から捉え直した映画論であり、エンターテイメント論である。『ジョジョの奇妙な冒険』を描かせたとも言える、荒木飛呂彦独特の創作術とは?映画の大胆な分析を通じて、その秘密が明らかに。

【著者紹介】
荒木飛呂彦 : 1960年、宮城県仙台市生まれ。東北学院榴ヶ岡高等学校卒業後、仙台デザイン専門学校卒業。80年に『武装ポーカー』で「少年ジャンプ」デビュー。近年はGUCCIとのコラボレーションなど、さらに幅を広げて精力的な活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • コットン さん

    映画を見る時のこだわりの荒木先生の方程式→≪映画の面白さ=サスペンス要素≫が良くわかる。そして、細部にも気を配って見られている。

  • 海猫 さん

    前著がホラー映画論で今回は広い意味でのサスペンス映画論といったところ。わりと見ている映画作品が多いので頷けるとこ多し。また見ていない作品でも語り方が上手いので面白そう。エロティックサスペンスに関してはあまり見ないしどれが良い映画がなかなかわからないのでたいへん参考になった。

  • なる さん

    マンガ家として自己表現に研究を重ねて行く途上で、サスペンスの映画にそのヒントを見出した著者による映画論。「偏愛」とは名づけられているものの実際にはかなり冷静に作品分析をしていて、それを自分の作品に丁寧に昇華している辺り、盲目的すぎない愛が示される。挙げられる作品も見事に年代がばらけていて、しかも「サスペンス映画」のジャンルに限らない。どんでん返しに至るまでのアイテムの配置、恐怖を煽る演出、場面転換の絶妙さといった方法論をしっかりと吸収している。むしろ表現者へ向けての手引き書といってもいいかもしれない。

  • Y2K☮ さん

    「よい物語にはサスペンスがある」「よいサスペンスが満たす五つの条件」など、創作を志す人なら垂涎ものの映画論。男泣き、プロフェッショナル、損得を超えた価値観、リアルとファンタジーの均衡、視点の交代、天候と食事の使い方、見えそうで見えない・・・自分の言葉で掘り下げる分析の説得力。やはり著者は努力の人だ。「ヒート」と「ボーン・アイデンティティ」は絶対見よう。「ノーカントリー」が取り上げられてなかったのが意外。アントン・シガー、荒木さんの好きそうなキャラなのに。あれ原作がマッカーシーなのか。知らなかった。読もう。

  • ひかりびっと さん

    「漫画に必要なことはみんな映画から教わった。」そう言わんばかりの荒木氏の映画に対する愛情と考察の高さに読んでいてとても感心させられると同時に漫画に携わる全ての人に勧めたいと心から思える一流漫画家による一流の映画批評本。手塚治虫もトキワ荘出身の漫画家たちも、そして荒木氏も。優れた漫画家はみんな映画から学んだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

荒木飛呂彦

1980年『武装ポーカー』でデビュー。代表作は1987年に『週刊少年ジャンプ』で連載開始された『ジョジョの奇妙な冒険』。同作は主人公、舞台を変えながら20年以上の長きに渡って連載されており、総発行部数は7000万部を突破している。

プロフィール詳細へ

荒木飛呂彦に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品