ジョジョリオン 27 ジャンプコミックス

荒木飛呂彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088828367
ISBN 10 : 4088828364
フォーマット
出版社
発売日
2021年09月17日
日本
追加情報
:
208p;18

内容詳細

ついに院長の本体への攻撃に成功した定助。そんな中、瀕死の透龍(とおる)の前に東方花都(ひがしかたかあと)が現れる。新ロカカカの実を食べた透龍は「等価交換」で自分の傷を治そうとするが、花都には別の狙いが…! そして、定助と康穂の運命は…!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 眠る山猫屋 さん

    この幕切れの切なさよ。今までの闘いの過程が浄化されていくような・・・今までにない程の犠牲の果てにたどり着いた結末。既に定助が産まれた過程で二人の人間がその存在を消し、一人の主人公が産まれていたのだから、必然的な生命の昇華だったのか。そして東方家の花都。唐突にも見えた物語後半からの参入だったが、こんな役割を担っていたとは。ジョジョにでてくる母親の毅然とした強さに想いを馳せる。過去を持たない定助が得た、思い出そして家族。原点回帰するように、一族の物語が完結した。

  • トラシショウ。 さん

    「そのカードに挟まっているものはッ!?「何だ」ッ!?」「家族の「呪い」よ。今からあんたが「これ」を全て引き受ける」。数多の血が流れた新ロカカカ争奪戦最終局面、「黄金の回転」への到達を果たした定助の「ソフト&ウェットGo beyond」の力により致命傷を負って敗走しようとする透龍の前に東方家グランドマザー・花都(かぁと)が現れる。ロカカカの等価交換の力により生還を目論む彼に対する花都の思惑とは・・・。最終巻。終わってみればタイトルと主旨の通りに落ち着くべきところに落ち着いた、と言う印象(以下コメ欄に余談)。

  • 山下哲実 さん

    面白かった*\(^o^)/*

  • わたー さん

    ★★★☆☆完結。ここにきて過去エピソードをぶち込むんだとか、ザ・ワンダー・オブ・ユーとの決着が微妙にモヤっとするとか、1~8部のうちで一番難解だったなとか言いたいことはいろいろあるが、結局のところこの作品の主題は、母の愛の偉大さにあったのかなと。第9部JOJOLANDS(仮)も発表されたが、主人公は誰になるのだろう。定助は竿2本しかないのだけど、子孫残せるのか?それとも一巡後のジョルノ?

  • 歩月るな さん

    完結巻。生き残った人たちの日常は続いていくわけだけれど、どうなる事やら、という感じではある、希望のある終わり方だけれども、次がある前提だから、ほんとに解らない。まだまだ楽しみはある。あと密漁海岸フラグだけどまさか実写版でやらないよな笑

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

荒木飛呂彦

1980年『武装ポーカー』でデビュー。代表作は1987年に『週刊少年ジャンプ』で連載開始された『ジョジョの奇妙な冒険』。同作は主人公、舞台を変えながら20年以上の長きに渡って連載されており、総発行部数は7000万部を突破している。

プロフィール詳細へ

荒木飛呂彦に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品