自由に至る旅 オートバイの魅力・野宿の愉しみ 集英社新書

花村萬月

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087200973
ISBN 10 : 4087200973
フォーマット
出版社
発行年月
2001年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,252p

内容詳細

オートバイで野宿旅を続けている人気作家が書く、初の指南書。縛られた日常から脱出し、自由な自己を再発見する旅とはいかなるものかを、具体的な経験を通して語る。

【著者紹介】
花村万月 : 1955年東京生まれ。中学卒業後、全国を放浪。89年『ゴッド・ブレイス物語』で小説すばる新人賞を受賞して作家デビュー。89年『皆月』で吉川英治文学新人賞、『ゲルマニウムの夜』で第119回芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kochi さん

    小学生の頃にはガソリンタンクにしがみついて近所の悪ガキのバイクに同乗し、長じては牛乳配達用のスーパーカブでウィリーをして、牛乳をぶちまける…こんな花村萬月が愛するオートバイと野宿の愉しみについて語る。北海道での接触事故で、反対車線をバイクと共に滑って行き、用水路に滑り込んだ事故の話は怖すぎる。よく命があったものだ。でも、そんなことがあっても、まだバイクに乗っている。花村萬月はその小説よりも恐ろしい人だ!(読んだ事ないけど…)

  • imagine さん

    花村萬月と中島らもは、開けてはイケない扉のような気がして手を出さずにいた。だが著者がバイクで放浪の旅を重ねていた事を知り、ついに解禁。案の定、夢中になる。紀行文で面白いのものは、きまって著者が、旅をする自分を客観的な視点で捉えている。この作品も例外ではなく、バイクという開放的で危険な乗物で、いかに日常から逸脱し本来の自分を取り戻すかという主題で一貫している。その一方で、道中の金銭収支を記録するストイックさもあり、独自の死生観や、どこでもゴロリと寝てしまえる野宿達者ぶりも見事。とっ散らかった文体もよかった。

  • churu さん

    小説は全く受け付けないけど、エッセイやインタビューを読むと逆にシンパシーしか感じない作家が稀にいる。花村萬月と金原ひとみがそうだ。タイトルに惹かれてこの本を手に取り、著者名を見て、あれ?と思った。もしかしてこの人、根っこは同じ人種なのか?原チャリにホクレンの旗挿して北海道を回ってた夏の日。非力な車両で走り抜くしんどさは体験しないとわからない。「あなたがスゴいのではなく乗ってる車両の排気量が大きいだけ」と言い切る著者…そんな人がいることが嬉しかった。速く走ることになど縛られていない=本物の自由人なのだ。

  • まるぷー さん

    自由と孤独を求めてバイクに乗って野宿の旅に出て自分を見つめ直し人生をリセットしようと熱く語りかけるエッセイ。萬月氏のバイクとの出会い、そしてバイクに乗り出し初めての北海道への旅でのエピソード、基本は野宿であること、更に本州から九州に至る旅のエピソード、最後にオートバイの利点と萬月氏の精神論。計画を立てない自由な旅、バイクならではなんでしょう。とても魅力を感じる。本書の中にあったが「たびを」は著者の実体験からなるもので原点のような気がする。一人旅を好む著者もいい出逢いもされているのもほっとした。

  • kubottar さん

    題名とは正反対に、まずはオートバイに乗ることにより起きるマイナス面を強調してることに驚きました。自由というのは何をやってもいいのではなく、リスクも背負わなければならない、とのこと。ただし、それらを飲み込んだならオートバイの楽しさをこれでもかと教えてくれる本です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

花村萬月

1955年東京生まれ。’89年『ゴッド・ブレイス物語』で第2回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。’98年『皆月』で第19回吉川英治文学新人賞、同年、『ゲルマニウムの夜』で第119回芥川賞、2017年『日蝕えつきる』で第30回柴田錬三郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品