沖縄を撃つ! 集英社新書

花村萬月

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087204155
ISBN 10 : 4087204154
フォーマット
発行年月
2007年11月
日本
追加情報
:
18cm,254p

内容詳細

日本人と沖縄人の共犯関係で出来上がった「癒しの島」幻想を徹底的に解体しながら、既存のイメージとは全く違った沖縄の姿を克明に描き出す。長年、沖縄取材を繰り広げてきた小説家による、最も苛烈で真摯な沖縄論。

【著者紹介】
花村萬月 : 1955年東京生まれ。サレジオ中学卒。89年『ゴッド・ブレイス物語』で第二回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。98年『皆月』で第一九回吉川英治文学新人賞を受賞。同年、大長編『王国記』の序にあたる『ゲルマニウムの夜』で第一一九回芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • カザリ さん

    風俗とは詐欺の一形態である。。で始まる以下の文章を 婚活と入れ替えてもほぼ納得がいく仕上がりになり、ますます婚活をやりにくいものにさせてくれたとともに、冷静になった。

  • dancin さん

    花村萬月という作家を読んだことがなく、とりあえずエッセイ的なものから入ってみたら、硬くなった水飴のようになかなか読み進まなかった。フラットなものの見方をする人なのだなと思うけれど、付き合いやすいかどうかは別。でもたまに心に引っかかる文章がでてきたりして、気になる人だったりはする、そんな複雑な感情。

  • koh さん

    沖縄には行ったことはないし、通り一遍のことしか知らないが、ウンタマギルーのような湿った空気感は理解できる。どこに立ってものを言うのか、生活者と紀行者とのへだたりはどこでも埋まらない。

  • ぼっせぃー さん

    紙面を大きく割いている真栄原新町は今は廃墟となり、その経緯は『沖縄アンダーグラウンド』に詳しい。筆者が喝破した沖縄いい人論自体も、ゼロ年代始めの幻想のひとつではないだろうか。今の沖縄は問題を抱えたまま東京-それ以外、の地方の一つに回収されつつあるように思う。作家としての魅力はやはり普遍的な部分にしか現れ得ない。 ちなみに、筆者が紹介している飲食店はなぜか閉店している率が高くて、これが一番の笑いどころ。

  • Atsushi Kitamura さん

    こんな過激な沖縄本がかつてあっただろうか。沖縄を心から愛する芥川賞作家による沖縄紀行。でも一筋縄ではない。 沖縄は普通の場所で、普通の人が住んでいることを強調する。そして、沖縄人はみんないい人だとか、沖縄には差別がないとか、沖縄をユートピア視するヤマト人を差別主義者だと糾弾する。 「ヤマトをぶち殺せ!」。沖縄人はヤマトによって「いい人」にされている。飼いならされている。民主主義で基地問題は解決しない。ヤマトを憎み、怒りを持続させよ。言葉ではなく情念で本音をぶつけろ! 沖縄への見方が一変する、刺激的な本だ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品