やっぱり美人は、かかりつけの美容皮膚科を持っていた だから差がつく!

花房火月

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784844137153
ISBN 10 : 4844137158
フォーマット
出版社
発行年月
2016年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
223p;19

内容詳細

そろそろかかりつけ医を見つけませんか?「年齢とともに化粧品代もどんどん上がる」「きれいな人の美容法を試したけど、イマイチ効果が上がらない」「毎日、顔のことばかり考えていられない。時間をかけられない」そんな人にこそ活用してほしい。美容皮膚科の“日常使い”が、将来の肌を決める。セルフケアと美容皮膚科での治療で、マイナス10歳「顔」が現実のものに。

目次 : 第1章 外から補うなんて、効きめは微々たるもの―「肌が持っている力を引き出す」これが正しいスキンケア(「いつでも、どこでも、化粧水だけは欠かせない」そんなスキンケアを見直す/ 「美肌」に必要なのは、ズバリ水分。肌には自分で保湿する力がある ほか)/ 第2章 肌だけでなく心にも、健康にもいい―「大切にしたい9つの生活習慣」体全体で美肌をつくる(「うれしい、美味しい、楽しい」感情表現をオーバーに。これだけでも表情筋が鍛えられる/ チョコレート、ケーキなどのスイーツは、「心」のためにほんの少し ほか)/ 第3章 流行りに惑わされないように―「敏感肌、毛穴、しみ、しわ、たるみ」の原因を頭に入れる(「毛穴の詰まり」は、取れば取るほど、がんこになる/ ブームの肌断食は、やってはいけない人がいる。手のひらを見て判断 ほか)/ 第4章 なんでも相談できるドクターを持つ―「美容皮膚科の“日常”使い」で美をキープ(肌トラブルには、自分で解決できることと、できないことがある/ 肌で悩んでしまったら、皮膚科と「美容皮膚科」、どっちに行けばいい? ほか)/ 第5章 あなたの美を底上げするもの―それは「きれいになりたい」という気持ち(最も大切なのは、年齢を重ねることを恐れないこと/ 赤ちゃん肌は目指す美肌ではない。理想はマイナス10歳 ほか)

【著者紹介】
花房火月 : 医療法人社団清優会はなふさ皮膚科理事長。日本皮膚科学会、日本小児皮膚科学会、日本美容皮膚科学会、日本抗加齢医学会所属。平成18年3月東京大学医学部医学科卒。癌研究会有明病院(初期研修医)東京大学医学部附属病院(初期研修医)東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線レーザー科(専門研修医)東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線レーザー科(助教)NTT東日本関東病院皮膚科(医員)東京厚生年金病院皮膚科(レジデント)。平成23年7月三鷹はなふさ皮膚科開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yomineko@猫毛まみれ さん

    図書館で借りました。最近、美容に目覚めてしまって (もう遅いんですが)美容本、色々読んでます。 すごく勉強になりました。ワセリンだけのケアって やっぱりダメなのかなぁ。ピュアなせっけんでメイクを 落として適当にワセリンつけておしまいにしていますが、、、美容液とかつけた方がいいのか悩む〜←今頃 美容皮膚科、エステとは違う。 中々参考になりました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品