命の響 左手のピアニスト、生きる勇気をくれる23の言葉

舘野泉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087815733
ISBN 10 : 4087815730
フォーマット
出版社
発行年月
2015年05月
日本
追加情報
:
271p;20

内容詳細

世界が認める奇跡のピアニストが贈る
23の優しい言葉と心に沁みるエピソード。
生きる喜びと勇気がわいてくる。

78歳にして現役のピアニスト舘野泉氏。左手のピアニストになるまでの経緯や彼の生きる喜びを、印象的な23の言葉とエピソードに託して展開する。
障がいを克服して新たな音楽の道を開いただけでなく、78歳でも現役の演奏家として続けてこられたコツが語られ、高齢になってより人生が充実していくことに共感する読者も多いことだろう。
日本を代表するピアニストで、早くから海外で評価を受け、フィンランドでは英雄的な存在でもある。そんな舘野氏が脳溢血で舞台上で倒れたのが64歳。演奏家生命は絶たれたと思われた。しかし、2年後、脅威の精神力とリハビリで、再び舞台に復帰。まさに生きる奇跡といえる存在だ。
震災にあった南相馬市へ支援、「舘野泉 左手の文庫」基金の設立など社会的な貢献も注目されている。彼が多くの作曲家に委嘱して数々の「左手の音楽」が生まれ、多くの感動を生んでいる。彼の生きる指針、豊かな感性、おおらかな人柄を紹介する。

<目次>
●第一章 六七歳 「左手のピアニスト」としての再出発
●第二章 ハンデに妥協せず音楽の本質を追求しつづける
●第三章 音楽は生きる喜び 人と人をつなぐ

<内容より 舘野泉氏の言葉>

できるか、できないかは考えない
やりたいか、やりたくないか
やりたいと思ったら
もう駆け出している

あれができない
これができない、と
落ち込むのはもったいない
積み重ねてきたものは
何があっても奪われない

「誰かのため」は
「自分のため」より頑張れる

(著者プロフィール)
舘野 泉(Tateno Izumi)
1936年東京生まれ。1960年東京藝術大学首席卒業。64年よりヘルシンキ在住。68年メシアン・コンクール第2位。世界各国で行った演奏会は3500回を超え、世界中の聴衆から熱い支持を得る。2002年脳出血により右半身不随となるも、2004年「左手のピアニスト」として復帰。シベリウス・メダル(2006年)、旭日小綬章受章(2008年)、東燃ゼネラル音楽賞本賞(2012)ほか受賞歴多数。2006年左手作品の充実を図るために「舘野泉左手の文庫(募金)」を設立。2012年〜2013年に左手ピアノ音楽の集大成「舘野泉フェスティヴァル〜左手の音楽祭」を開催。2014年ベルリン・フィルハーモニー・カンマームジークザールでリサイタルを行う。南相馬市民文化会館(福島県)名誉館長、日本シベリウス協会会長、日本セヴラック協会顧問、サン・フェリクス=ロウラゲ(ラングドック)名誉市民。

【著者紹介】
舘野泉 : 1936年東京生まれ。1960年東京藝術大学首席卒業。1964年よりヘルシンキ在住。1968年メシアン現代音楽国際コンクール第2位。世界各国で行った演奏会は3500回を超え、世界中の聴衆から熱い支持を得る。2002年脳溢血により右半身不随となるも、2004年「左手のピアニスト」として復帰。シベリウス・メダル(2006年)、旭日小綬章受章(2008年)、東燃ゼネラル音楽賞洋楽部門本賞(2012年)ほか受賞歴多数。2006年左手作品の充実を図るために「舘野泉左手の文庫(募金)」を設立。南相馬市民文化会館(福島県)名誉館長、日本シベリウス協会会長、日本セヴラック協会顧問、サン=フェリクス=ロウラゲ(ラングドック)名誉市民(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ナラ さん

    恥ずかしながら舘野泉さんのことをこれっぽっちも知らなかった。たまたま図書館の新刊のところに置いてあったので手に取ってみただけだったが。舘野さんは半身麻痺になり左手のピアニストとしてご活躍されている。大変な状況を乗り越えられる過程もさらりと書かれていて拍子抜けしてしまいそう。舘野さんの人となりが今を作ってあるのでしょう。有りのままを受け入れ、執着せず、飄々としてあるところがステキ。たくさんの言葉から勇気をいただいた。私も自分の積み重ねてきたものを大事にしていかねば!と思った。ぜひコンサートに足を運びたい。

  • けんとまん1007 さん

    図書館で見かけた「左手のコンチェルト」を読んで以来(何年前だろう)、頭の片隅に決して忘れることなくあるかたのお一人。淡々とした表現で書かれているにも関わらず、伝わってくるものは、とてもつもなく広く深く染み込んでくるようなものがある。左手で鍵盤をという秘密も書かれていて、そうなのかと驚愕。手と足をフルに動かし、思いも込めてだからこそ、伝わるものがあるのだろう。人の生き方、何のために、誰のために・・・いろいろ考えることがある。

  • Rie さん

    半身不随になり、左手のピアニストとして精力的に演奏をこなす舘野泉さんの半生が描かれたエッセイ。タフさも感じるが、その文章からは想像以上にお茶目で柔らかい人柄が窺える。思い込みや世間の目、常識など諸々を取っ払った所からこそ、本当にやりたいことやパワーは湧き出てくるのかもしれない。驚くほど豊かな感性に感動を覚えた。私は人の目を気にしがちだし、コンプレックスの塊だけど、そういう人にこそオススメしたい一冊。

  • ミー子 さん

    舘野泉さんの人柄を感じる本だった。 また、ピアノを弾いていて、ある「ゾーン」に入った経験(自分も聴衆も消えて、無に至り、音楽そのものに溶け込んだような感覚)がサラッと書いてあり、少し驚いた。そんな感覚でのピアノ演奏、聞いてみたいなぁ。

  • Mari さん

    素晴らしかった! 北欧のピアノ曲をたくさん紹介され、そして脳出血で倒れてのちは左手のピアニストとして活躍されている、舘野泉さんの自伝的エッセイ。飾らないお人柄が伝わってくる文章で、奏でる音楽と同じように癒された。仕事に真摯に向き合い、70を超えてなお新しいことに前向き。かくありたいと思う。左手だけで弾く超絶技巧の種明かしも少しある。が、種を知ったところで常人には真似できないのだった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

舘野泉

ピアニスト。1936年11月10日、東京生まれ。東京藝術大学卒。1964年よりフィンランド・ヘルシンキ在住。2002年1月、リサイタル中に脳溢血で倒れるが、2004年に復帰。左手の楽曲を充実させるための募金「舘野泉 左手の文庫」を発足。80歳を超える今も、国内外で年間50近いリサイタルを行う(本デー

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品