東海道中膝栗毛 21世紀版少年少女古典文学館

興津要

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062827706
ISBN 10 : 4062827700
フォーマット
出版社
発行年月
2010年02月
日本
追加情報
:
20cm,301p

内容詳細

親しみやすい現代文で古典の世界を再現し、日本の古典文学に初めて出会う子どもの理解を助ける、児童向け古典文学全集の決定版。本巻は、読み出したら止まらない江戸時代の大ベストセラー「東海道中膝栗毛」を収録。

【著者紹介】
村松友視 : 1940年、東京都に生まれる。慶応義塾大学文学部卒業。大学卒業後、中央公論社に勤務。「婦人公論」「海」等の編集をへて作家になる。『私、プロレスの味方です』などのプロレスもので広い人気をえる。1982年、『時代屋の女房』で第87回直木賞受賞。1997年、『鎌倉のおばさん』で第25回泉鏡花文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アキ さん

    十返舎一九原作・弥次さん喜多さんの東海道からお伊勢参りまでの珍道中。弥次喜多さんは今で言うLGBTだったんですね。ダジャレ好きで女好き、だまされやすくドジばかり。安倍川もちや桑名の焼き蛤、各地の名物にも触れていて今で言うるるぶのようなガイドブックの役割もあったらしい。1802年出版され江戸時代に庶民に爆発的に売れたのは、寺子屋などで読み書きができる識字率の高さと当時からお伊勢参りが盛んであったことや、すでにその頃江戸は百万人都市で平和でおおらかな世の中であったことの裏返しなのだろう。子供向けなので原作読も

  • 植田 和昭 さん

    小学生のときに、何度も読んだのですが改めて通読するとなんて面白いんだ。二人の珍道中記に腹を抱えて笑ってしまいました。五右衛門風呂を踏み抜くところもいいですが、天井踏み抜き事件が傑作でした。

  • 猪子 さん

    いやいや、実に面白かった。「東海道中膝栗毛」も名前だけは聞いたことはありましたが学校の授業では深く掘り下げることもなかったため、詳しくは知らないまま大人になりました。読む前は宮藤官九郎の映画「真夜中の弥次さん喜多さん」のイメージが強すぎたんですが、原作はあそこまで奇をてらったものではないんですね。いたって呑気な男二人旅という感じで。でもやっぱり脳味噌が腐ってるから、どうもイケメンに変換してBL目線で見ちゃうんだよなぁ(o_o)あと読書メーター内の本書の説明未来過ぎ!25世紀って!

  • 陽子 さん

    弥次喜多珍道中。東海道を昔旅したような気分になりました。

  • ゆう さん

    「愉快」とか「滑稽」とかいう言葉がとても似合う作品。弥次さん喜多さんは道中、人をだまそうとして逆にだまされたり、とんでもない目にたくさんあっていたけれどとても楽しそうだった。なんといっても途中で出てくる歌!不器用な歌だけれどユーモアに富んでいてクスっとくる。十返舎一九は「この世をば どりゃおいとまにせん香の煙とともに灰左様なら」と辞世の句までもこんな風に詠んでしまうのだから面白い・・・

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

興津要

1924年生まれ。早稲田大学文学部国文学科卒業。早稲田大学名誉教授。専攻は近世文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品