夏目友人帳 21 花とゆめコミックス

緑川ゆき

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592193715
ISBN 10 : 4592193717
フォーマット
出版社
発売日
2016年10月05日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
173p

内容詳細

森で小さな妖怪に会った夏目。親分妖怪の眠りを覚ます「石起こし」の役を任されているという。しかし、褒美の酒をめぐり妖怪達が起こし役の横取りを画策!そこにニャンコ先生も参戦していて…!?式の妖怪達に会う前の名取を描く特別編も収録。あやかし契約奇談第21巻!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちいこ さん

    どのお話も好きだな〜。熊本の震災にあわれながらも、描かれていたミニ先生が可愛くてたまりませんでした。

  • ゆんこ姐さん@祖父母介護の毎日 さん

    安定してますねー。友人帳についてはまだまだ引っ張るのか。個人的には一番最初のやつがうるっときた。ちっちゃいニャンコ先生に取り付く神様の話も良かったけど。うん、やっぱり読むとどうしてもほっこりしてしまいますね。安心安心。

  • 響霞 さん

    夏目は名を返しながらもこの生活を楽しみ始めてるのかしら。 名取の過去も中々気になりますね。 いつか名を返し終えたらどうなるのだろうか。 まだまだ見守りたいですね。

  • 眠る山猫屋 さん

    とても良かった。石起こしもミニ先生も、可愛らしくて。今回は特に、ニャンコ先生と夏目の絆が描かれていて、お互いを思う気持ちは、目には見えないけれどしっかり結ばれているのだな、と伝えてくれたような気がする。古書店の妖も優しくて、良い関わり方だった。名取の生き方もちょっとルーツが見えた感じ。

  • exsoy さん

    ミニ先生かわゆい。プライズのおきあがりこぼしに乗り移らないかなーw/緑川先生は熊本在住か。被災しても描き上げるとかそれどころじゃなかったろうに…

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

緑川ゆき

1998年、『珈琲ひらり』にてデビュー。 代表作に『あかく咲く声』『緋色の椅子』『夏目友人帳』など。

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品