十角館の殺人 講談社文庫

綾辻行人

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062758574
ISBN 10 : 4062758571
フォーマット
出版社
発行年月
2007年10月
日本
追加情報
:
15cm,495p

内容詳細

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!’87年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。

【著者紹介】
綾辻行人 : 1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業、同大学院修了。’87年に『十角館の殺人』で作家デビュー、“新本格ムーヴメント”の嚆矢となる。’92年、『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。『水車館の殺人』『びっくり館の殺人』など、“館シリーズ”と呼ばれる一連の長編は現代本格ミステリを牽引する人気シリーズとなった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
船で無人島に行ったミステリー研究会の面々...

投稿日:2021/04/09 (金)

船で無人島に行ったミステリー研究会の面々が、次々殺されるという陳腐で古典的なミステリー。読みやすい文体でサクサク読めました。今読むと多少古臭い感は否めないが純粋に面白いです。やっぱりあの1行の破壊力は凄いと思いました。

ayu さん | 富山県 | 不明

0
★
★
★
★
★
まだ読んでない人の人生が羨ましい。 それ...

投稿日:2021/02/27 (土)

まだ読んでない人の人生が羨ましい。 それほどこの本の衝撃度はパないです。 もう一回人生をやり直せるならこの本に出会う前に戻りたい。

少年H さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
無人島の孤島を訪れた推理小説研究会の面々...

投稿日:2019/01/08 (火)

無人島の孤島を訪れた推理小説研究会の面々。その島の十角館で一週間を過ごすためだ。研究会のメンバーは、本名ではなく、著名な海外の推理作家の名前でお互いを呼び合っていた。やがてメンバーの一人が殺され…。 物語は、本土と島、それぞれで進行し、島で起きる連続殺人はスリリング。 著者のデビュー作であり、いわゆる館シリーズ第1作。個人的には、本作と『殺人方程式』の二作の完成度が最も高いと思っている。 『そして誰もいなくなった』を想起させる無人島での連続殺人とミステリアスな建築家・中村青司が強烈な魅力。 ちなみに、私は本作で折り紙の「七本指の悪魔」を初めて知った。

ねも さん | 兵庫県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • W-G さん

    去年ふと思い立って新装版を購入。改めて傑作である事を認識。無味乾燥に見える文体もテンポ良く読ませるための実は一要因。館シリーズは暗黒館で止まっているので、最終作が出るまでには全部復習しておきたい。お気に入りは迷路館と時計館。唯一の不満が探偵役の名前。島田潔って・・・。ほんとに適当につけちゃったのね・・・。その後の鹿谷という名前もいまいちセンスを感じられない。

  • Kircheis さん

    ★★★★★ 再読。 今まで読んだミステリーの中でもベスト3くらいに入るびっくりなオチだったんだけど、今回は最初から犯人知ってたから細かい不自然な部分や殺人計画の穴が目立ちまくり(((・・;) それでも、雰囲気や登場人物の性格作り、そしてもちろん驚愕の犯人も含めて館シリーズで一番好きです(^o^)v たった一行でそれまで読んでた世界が変わる!

  • どんふぁん さん

    2019年4月17日読了。ふぉー!怖いー!完全犯罪だ!結末に痺れましたー。まさかまさかの結末に驚きを隠せません。面白かったです。まぁ案の定、カタカナの名前は苦手なので、話に慣れるまで時間かかりましたが(笑)、折り返しすぎるとノンストップでした。いやー、まさかなー。「そして誰もいなくなった」を踏まえての展開でしたが、日本人作家らしさが出ていたように思います。「そして誰もいなくなった」を読んでから、これを読んで正解でした。オススメして頂いた方にお礼を、ありがとうございました。

  • サム・ミイラ さん

    難を言えばどこがどんでん返しだったのか。彼しか犯人はいないだろうに。私には犯人も動機も早くから読めてしまい興味は決着のつけ方に。しかしなるほど残り数頁でこの展開とラストは素晴らしい。設定から雰囲気まで海外のミステリーの古典にも比肩しうる出来栄え。道具立てやニックネームなどにも遊び心は溢れている。作者の本格ミステリーへの愛情を強く感じる傑作である。いやはやこれがデビュー作とは‥。

  • らぱ さん

    続きが気になり、面白く読めたし、犯人にも驚かされましたが、心に残る言葉に出会えず残念でした。ただ驚かされただけ… 控えめに言っても、なんか違うものを読んでしまった感じです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

綾辻行人

1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業、同大学院修了。’87年に『十角館の殺人』で作家デビュー、“新本格ムーヴメント”の嚆矢となる。’92年、『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。’18年度、第22回日本ミステリー文学大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていた

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品