光る言葉 愛に生きる。

紫式部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784877233181
ISBN 10 : 4877233180
フォーマット
出版社
発行年月
2023年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
229p;18

内容詳細

紫式部の愛の世界を読む。「愛する」とはなにか?NHK大河ドラマ『光る君へ』の主人公モデル紫式部の愛する言葉集。光源氏の愛の言葉など、紫式部の想いが溢れた言葉の本。

【著者紹介】
紫式部 : 平安時代に活躍した作家であり歌人。『源氏物語』の作者として有名である。日記に『紫式部日記』、家集に『紫式部集』がある。中古三十六歌仙の一人に数えられる。文人であった父の薫陶のもとに育ったらしい。物語創作の才能によって一条天皇中宮彰子(藤原道長の娘)に出仕、『源氏物語』の執筆を続ける

与謝野晶子 : 1878年大阪府堺市生まれ。大恋愛の末、与謝野鉄幹と結婚。処女歌集『みだれ髪』で一躍、情熱的な歌人として著名になる。その後、小説、随筆、評論、童話、戯曲など多岐に渡り活躍。『源氏物語』は、幼少時代からの愛読書で、現代語訳も3度手掛けている。1942年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 陽子 さん

    源氏物語の中から「光る言葉」を現代語にして拾った本。見開き右側にインパクトのある言葉が目に飛び込んでくる。この本を読んで源氏物語のストーリーを把握することはできないが、内容の予備知識があるとわかりやすいかも。それにしても、平安時代にこんな様々な愛のカタチが描かれていたというのは改めてすごい気がした。「圧倒的な美しさの前にあっては悪意でさえも消えていく」。光る君に愛された女性は「だれよりも愛されたから死んでからまでも嫉妬される」。「この愛を深い水だと思ってそこに身投げすればいいではないか」。編集の仕方が粋。

  • ちもころ さん

    紫式部のように聡明な女性は現代に生まれていればもっともっと人生を謳歌できたのではないか?色恋沙汰が最重要案件であるようなことが惜しい

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

紫式部

生没年未詳。970年代の生まれと推測されている。日本文学史を代表する存在。『源氏物語』の作者として名高く、宮中の様子を描いた『紫式部日記』も残している。優れた歌人としても知られ、自作の和歌を集めた『紫式部集』があり、『小倉百人一首』にもその和歌が収録されている。また、藤原為時の娘として生まれ、藤原宣

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品