介護のうしろから「がん」が来た!

篠田節子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087880236
ISBN 10 : 4087880230
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
追加情報
:
240p;19

内容詳細

まさにガーン! 
直木賞作家・篠田節子が綴る、ふんだりけったり、ちょっとトホホな闘病&介護エッセイ。

認知症の母につき合って二十余年、母がようやく施設へ入所し、一息つけると思いきや、今度は自分が乳がんに!? 介護と執筆の合間に、治療法リサーチに病院選び……落ちこんでる暇なんてない!

作家・篠田節子が乳がん発覚から術後までの怒濤の日々―—検査、手術、還暦過ぎての乳房再建、同時進行で老健にいる母の介護―—を、持ち前の取材魂をもとにユーモア溢れる筆致で綴る闘病&介護エッセイ。
乳房再建手術を担当した聖路加国際病院・ブレストセンター形成外科医との対談「乳房再建のほんとのトコロ」も収録。

【目次】
1 発見 「ヒン」でもマンモに写らない    
2 入院まで 「標準治療」とは、お安くできるスタンダードクラスの治療、という意味ではないらしい   
3 再建の決断 還暦過ぎのシリコンバスト   
4 手術 「バストが邪魔」巨乳温存マダムのゴージャスな愚痴と、手術台上のガールズトーク
5 院内リゾート 読書三昧とオプショナルツアー   
6 退院 自宅療養時の不安 「先生、右側が叶恭子になっています!」  
7 手術後25日の海外旅行 天使が微笑む都――七年ぶりのバンコク  
8 日常復帰 雑用と飲み会の日々――廃用症候群三歩手前で考えたこと   
9 二度目の手術へ 乳房とは仰向けになると変形するもの――形成外科手術の難題
10 解禁 クリスマスの金の玉
11 乳房再建その後 見た目問題とさわり心地  
12 波乱含みの年明け がんのうしろから何が来る?   
13 介護老人保健施設入所の経緯 「施設もデイサービスもショートステイも、絶対拒否!」な家族を抱えた介護者のために――         
14 ホーム巡礼 八王子十四ヵ所 まずは見学、何をおいても見学、とりあえず登録   
15 ここは絶海の孤島!? パラオ Wi‐fiもケータイも繋がらない 
16 グループホームに引っ越し 娘のいちばん長い日  
17 エッセイは終わっても人生は終わらない  
【特別対談】篠田節子×名倉直美
やってみてわかった「ここが知りたい!」 乳房再建のほんとのトコロ   
あとがき 

【著者プロフィール】篠田節子 しのだ・せつこ
1955年東京都生まれ。90年『絹の変容』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。97年『ゴサインタン』で山本周五郎賞、『女たちのジハード』で直木賞、2009年『仮想儀礼』で柴田錬三郎賞、11年『スターバト・マーテル』で芸術選奨文部科学大臣賞、15年『インドクリスタル』で中央公論文芸賞、19年『鏡の背面』で吉川英治文学賞を受賞。『長女たち』『竜と流木』『肖像彫刻家』など著書多数。

【著者紹介】
篠田節子 : 1955年東京都生まれ。90年『絹の変容』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。97年『ゴサインタン』で山本周五郎賞、『女たちのジハード』で直木賞、2009年『仮想儀礼』で柴田錬三郎賞、11年『スターバト・マーテル』で芸術選奨文部科学大臣賞、15年『インドクリスタル』で中央公論文芸賞、19年『鏡の背面』で吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よんよん さん

    エッセイはほとんど読まないが、「女たちのジハード」以来読んできた作家さんで、正に同年代、介護の問題に直面していることもあり手にとった。乳ガンの診断をされ、手術、仕事と介護、綱渡り的でありながら何故か読んでいて悲壮感がない。私はまだ?がんではないが、介護については多いに学ばせてもらったし、参考になった。

  • きょん さん

    お母様の介護とご自身のガンをユーモアを交えて軽妙に描く。小気味よいテンポと時に辛口なのは篠田さんの小説そのままの雰囲気。それにしても大変な事は重なるもので、過酷な日々を過ごされているはずなのに常に前向きな姿勢はすごいことだと思う。乳がんと認知症について大変参考になりました。

  • みいやん さん

    認知症介護者でありながら乳ガンに罹患されてしまった作者の実体験記。他人事ではなく明日はわが身。施設の選択など大変参考になり、同時に覚悟も。きれいごとの介護小説では味わえない臨場感でした。乳ガンに関しても再建のこととか参考になると思います。お友達の作家さんも登場して楽しく、有意義な作品でした。

  • りょう さん

    少し年上の篠田さん、こんなことになっていたとは!!乳ガンの手術、再建、その間も続く介護問題、彼女らしい実に率直でリアルな感想にうなづきながら、読みました。

  • Kazuo Tojo さん

    今の自分に身近すぎるエッセイ。この一文に感銘。「世の中には自称専門家の手による認知症理解を訴える啓蒙書、美談を重ねて在宅介護を精神論で乗り切れると誤解させるタレント本や雑誌記事、介護に絡ませて家族愛を謳い上げる小説やドラマ、マンガまでが溢れている。そんなものをいちいち糾弾する気はない。議論する気もない。今のところ現実への対応で、手一杯だ。一冊の本とは違い、人生は死ぬまで終わらない。悲劇も喜劇もオチもない。老いた母のこの先は検討もつかず、自分の病気についてもわからない。事が起きればそのときはそのとき。・・・

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

篠田節子

1955年東京都生まれ。90年『絹の変容』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。97年『ゴサインタン』で山本周五郎賞、『女たちのジハード』で直木賞、2009年『仮想儀礼』で柴田錬三郎賞、11年『スターバト・マーテル』で芸術選奨文部科学大臣賞、15年『インドクリスタル』で中央公論文芸賞、19年『鏡の背面

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品