目指せ!プログラミング世界一 大学対抗プログラミングコンテストICPCへの挑戦

筧捷彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784764903746
ISBN 10 : 4764903741
フォーマット
出版社
発行年月
2009年06月
日本
追加情報
:
21cm,201p

内容詳細

世界的な学生プログラミングコンテストACM‐ICPCに主催者・審判・選手としてかかわってきた執筆者たちが、コンテストのしくみとその楽しさをわかりやすく解説。第2部では、2008年の国内予選の問題を取り上げて、それぞれの問題と解き方を解説。過去の問題の中から似たところのある問題を紹介した。

目次 : 第1部 ICPCとは(競技の概要/ ICPCの競技/ ICPCの歴史/ ICPCに参加しよう)/ 第2部 傾向と対策(「等しい合計点」―ICPCへの誘い/ 「月曜土曜素因数」/ 「如何に汝を満足せしめむ?いざ数え上げむ…」/ 「ちょろちょろロボット」/ 「大玉転がし」/ 「ICPC:チョコレートの知的合同分割」)

【著者紹介】
筧捷彦 : 1970年東京大学工学系研究科修士課程修了、東京大学工学部助手。1974年立教大学理学部数学科講師。1978年同助教授。1986年早稲田大学理工学部教授。現在、早稲田大学理工学術院教授(基幹理工学部情報理工学科)、ACM日本支部副支部長。専門はプログラミング言語、ソフトウェア環境(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • azur さん

    読んでみたら既に出場資格がなかった……。

  • kakkun61 さん

    ほとんど、ACM-ICPC の紹介。これ買う人は ICPC のこと知ってるだろうし買わなくてよかったな。

  • y42sora さん

    解説している問題の量が少なかった。どうせなら3年分ぐらい解いて欲しかった。

  • kinaba さん

    寄稿したので読んでみた。全体的には、スペース気にせず書いた宣伝ポスターみたいな感じだなあ。去年のF問題のようなかなりハードな問題の解説もされてたのは意外で面白かった

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

筧捷彦

早稲田大学理工学術院教授

プロフィール詳細へ

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品