徹底抗戦!文士の森 実録純文学闘争十四年史

笙野頼子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309017129
ISBN 10 : 4309017126
フォーマット
出版社
発行年月
2005年06月
日本
追加情報
:
20cm,414p

内容詳細

国家を超え、近代を突き抜けるワン・アンド・オンリー作家の祈りと戦い。日本言語芸術の贅を尽くした罵倒の花園。14年間戦い続けてきた著者の、「純文学」とは何かをめぐる果てしない「論争」。

【著者紹介】
笙野頼子 : 1956年三重県生まれ。立命館大学法学部卒業。81年、「極楽」で群像新人文学賞、91年、『なにもしてない』で野間文芸新人賞、94年、「二百回忌」で三島賞、「タイムスリップ・コンビナート」で芥川賞、2001年、『幽界森娘異聞』で泉鏡花賞を受賞。2005年、『金毘羅』で伊藤整賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ホレイシア さん

    いや、いいなー戦う笙野さん。作品を一通り読んだ直後だけに、こちらも思わず力が入る。この方の場合、御本人が着々と進歩していかれるので、相手がついていけなくなっている。同レベルで戦えていないというか、そこが歯がゆくもあり爽快でもある。もう一度あれやこれや読み返そう。

  • くままつ さん

    この人の尋常でない言葉へのこだわりが伝わってくる。発せられる言葉へ一切の甘えを許さないところが、かっこいい。いくらでも妥協したり迎合したりしてしまいそうなところで、絶対に手を抜かないんだなあ。業だなあ…。

  • のぞみ子 さん

    この方のすべてが文学なのだなあ。生きること書くこと戦うこと。みっちり詰まった一冊。すごいカロリー。

  • nightU。U*)。o○O さん

    論争自体はほとんど唾するべきなほど下らないものだけど、さすがの物書きだからパフォーマティブに悪罵を振りまきつつ深いところで本質を捉えた笙野の文章が読ませる。ぜんぜん飽きない。ただアーカイブ的な意味もあるため対大塚用文を何度も突きつけられるのはさすがに飽きた。後半の加賀乙彦との対談は互いの中身をさらけだしているようで面白い。この諸歴がひと段落ついた後の後書きを読むとじーんときて、これはまさしく闘争史だったのだーという感じ。「そんな西洋はきだめみたいなバブル後のどんづまりの中に私はいる。」という一言が重い。

  • Qfwfq さん

    舞城評や金毘羅解説などが面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

笙野頼子

1956年、三重県生まれ。立命館大学法学部卒業。81年「極楽」で群像新人文学賞を受賞しデビュー。91年『なにもしてない』で野間文芸新人賞、94年『二百回忌』で三島由紀夫賞、『タイムスリップ・コンビナート』で芥川賞、2001年『幽界森娘異聞』で泉鏡花文学賞、04年『水晶内制度』でセンス・オブ・ジェンダ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品