易経 青龍の巻 自分の足で歩いていくってどういうこと? こどもと読む東洋哲学

竹村亞希子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787719249
ISBN 10 : 4787719246
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
340p;19

内容詳細

高校生になった乾太。幼馴染の仲間たちはそれぞれ違う高校に進学し、剛は空手、ミヤと純はバンドと青春を謳歌し始める。乾太も野球部に入って甲子園を目指すつもりだったが、大けがをして目標を見失ってしまう。そんな乾太を易経の先生・ゴロさんは「何でもやってみろ」「自分で考えろ」と突き放す…。乾太の成長物語・第3弾「青龍の巻」では、「乾為天」の中の「乾〓(てき)」にフォーカスを当てました。目標を失った乾太が再びやりたいことを見つけ、そして新たな志を打ち立てていく「自立編」です。

目次 : 第1部 一人歩きのはじまり(アクシデント発生!/ 自分で考えるってどういうこと?/ 止められても前に進める?/ 青春のエンジン始動!)/ 第2部 自分の磨き方(そして新たな発見/ 意志表示するってどういうこと?/ 向上するためにはどうしたらいい?)/ 第3部 継続は力なり(大自然が教えてくれる/ 失敗しても励んでいこう/ それぞれに新しい一歩を踏み出そう)/ エピローグ 志を立てるまで

【著者紹介】
竹村亞希子 : 易経研究家。東洋文化振興会相談役。1949年名古屋生まれ。中国古典「易経」を、占いでなく古代の叡知の書としてわかりやすく紹介。全国の企業、官庁で講演やセミナーを開催している

都築佳つ良 : フリーライター。1962年東京生まれ。編集プロダクションにて広告、出版に携わり、のちにフリーに。宗教、思想哲学の分野に興味を持ち、1999年より易経研究家・竹村亞希子氏に師事。易経の奥深い教えに魅力され現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おすし さん

    おもしろい

  • 満天 さん

    ★★★★☆

  • Meg さん

    こどもと読む東洋哲学シリーズの第三弾。 易経の内容が非常にわかり易く物語になっている。フリガナつきで小学生高学年くらいから読めると思います。 第一弾から読んでいるので、主人公の 乾太の成長の様子に、親目線で感情移入してしまいます。 挫折から、勇気を持って前へ進む、失敗しても大丈夫、反省して次へ活かす。それを続けることで、見えないものが観えてくる。洞察力。 すべては、自然の摂理、自然には逆らえない。前に進めないときは、力を蓄える。 人生の全てが易経に書かれている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品