竹久夢二 大正モダン・デザインブック らんぷの本

竹久夢二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309727813
ISBN 10 : 4309727816
フォーマット
出版社
発行年月
2011年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
128

内容詳細

今よみがえる、大正モダンのグラフィックアート。デザイナー・夢二の知られざる世界。和の小物にあしらわれた可愛い図案、斬新なブックデザイン、ポスターなど、色あせない魅力的な作品が満載。

【著者紹介】
石川桂子 : 1967年、東京生まれ。竹久夢二美術館学芸員。國學院大學文学部史学科卒業。1991年より現職

谷口朋子 : 1968年、千葉県生まれ。元・竹久夢二美術館学芸員。学習院大学文学部哲学科卒業。同大学院博士前期課程修了(近代日本美術史専攻)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ユミ さん

    夢二の作品や年表、テキスタイルデザインや装丁デザインなどがコンパクトに知れる本。意外と白黒ページが多いのでそこはちょっと残念かも。もっとカラーで夢二の作品を見たかったけれど、お値段的には満足です。夢二は美人画だけでなく装丁デザインとかも本当ステキでモダンでハイカラだ。年表で荒畑寒村と同居していた時期があったと知り、ちょっとびっくりした。

  • kaoriction さん

    今まであまり省みられてこなかった〈デザイナー・夢二〉の商業的デザイン活動にかかわる仕事を紹介したという、大正モダン・デザインブック。先日、竹久夢二美術館へ行き、そのデザインや系譜などを見て来たので、そんなに真新しさは感じなかった。唯一、彼は甘党だったというのが新たなる発見だったかな。意外な感じ。そして、あの時代にこのセンス。レトロモダンな千代紙や絵封筒、ぽち袋、それにセノオの楽譜。いまの世にも通じるお洒落な図案には脱帽。それにしても。やっぱり、人として、男として、の竹久夢二には私は魅力を感じられない…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

竹久夢二

大正ロマンを代表する画家・詩人。1884(明治17)年、岡山県邑久郡生まれ。早稲田実業学校中退後、新聞、雑誌にコマ絵を描き、新進画家として世に出た。商業美術、生活デザインなど、活動分野は幅広く、漂泊の人生を送り、郷愁と憧憬を、日本画、油絵、水彩画、木版画にあらわし、詩や童謡に謳った。1934(昭和9

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品