黒ねこサンゴロウ旅のつづき 3

竹下文子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784035282808
ISBN 10 : 4035282804
フォーマット
出版社
発行年月
1996年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,133p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • つくよみ さん

    図書館本:黒ねこサンゴロウ、通算8巻目。友人の医師ナギヒコの依頼で、山ねこ族が隠れ住む島を訪れた、サンゴロウの冒険談。医療物資を届けに行くも、何時もと違う不穏な空気が島を覆う。不意打ちを受け捕らえられたサンゴロウは、族長の跡目争いに巻き込まれたことを知る。そして、協力者を得ての脱出劇の最中、サンゴロウの失われた記憶の断片がついに蘇る・・・ここに来てサンゴロウのオッドアイの意味が仄めかされ、世界の構造がおぼろげに明かされるが、明確な回答は先延べに。緊迫感溢れる中に、ほのかなロマンスの香りも漂うお話だった。

  • S さん

    やまねこ族との衝突。一族の頭が変わるにあたり、サンゴロウに対する態度をどうするか、候補者ふたりの間で対立が起こり、島は真っ二つに分かれ抗争が起こる。自分を拘束し、命の危機にまで晒した相手に対して「この話をしてやりたかった」と言えるサンゴロウの優しさに感服する。同時に、どうしようもない局面では逃げ出すことが肝心だという彼の哲学には感心した。切羽詰まると抜き差しならない状態に陥ることはしばしばあるが、潮時を読み誤らないようにしなくてはならない。

  • 小夜風 さん

    【図書館】「やまねこの島」に出てきたやまねこ族が隠れ住む「貝がら島」を訪れたサンゴロウは、島の権力争いに巻き込まれ……。あぁもう児童書とは思えない程のドキドキハラハラ!サンゴロウがいつも危なっかしくて、何だか長生きしそうにないのが心配(苦笑)。児童書だから、悲劇的なことは起こらなきゃ良いな〜。それにしても「貝がら島」はやっぱり閉鎖的で陰気でゾワゾワします。サンゴロウじゃなくても2度と行きたくないですね。

  • yohiiiidayo さん

    黒猫サンゴロウ旅のつづき3巻読了。船はふたたび貝がら島へ、そして物語は一気にクライマックスへと進みます。いやぁ、しびれますね。

  • クサナギ さん

    「旅のつづき」は前シリーズと対になっていると作者が言ってましたが、「やまねこの島」である貝がら島が再び登場。サンゴロウもよく嫌なことに巻き込まれるなあ。そのサンゴロウが危うい雰囲気を醸している。よみがえる記憶ははたして自身のものか。それとも……?仄かなロマンスの香りに年甲斐もなくきゅんきゅんしてしまいました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

竹下文子

1957年、福岡県生まれ。作家。おもな作品に「クッキーのおうさま」シリーズ(あかね書房)、「おてつだいねこ」シリーズ(金の星社)、『まじょのむすめワンナ・ビー』(偕成社)など

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品