うみへいくピン・ポン・バス

竹下文子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784032211405
ISBN 10 : 403221140X
フォーマット
出版社
発行年月
2004年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21×26cm,32p

内容詳細

駅前から海にむけてバスが発車した。“ピンポン”となるたびにバスはとまる。パン屋さんの前、消防署、ふみきりでまって、坂道をのぼり、トンネルをぬけると…。バスの、のどかでさわやかな旅を描いた絵本。

【著者紹介】
竹下文子 : 1957年、福岡県に生まれる。東京学芸大学卒業。1996年に「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で路傍の石幼少年文学賞を受賞。静岡県在住

鈴木まもる : 1952年、東京都に生まれる。東京芸術大学中退。「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で赤い鳥さし絵賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kawai Hideki さん

    今週の娘イチオシ絵本。海へ行くバスに乗って、家族旅行に行くお話。バスや電車の絵が結構、立体的に書かれていて良い。「取材協力:東海バス」だそうだ。

  • 寺 さん

    夏らしい良い絵本。乗り物に乗るのは好きだ。電車も好きだが、ゆったりとした時間を感じるバスの方が好きだ。バスに乗るのが嫌いじゃない人には良い感じの絵本ではなかろうか。【ネタバレ】駅前からバスで海へ行く話だが、駅前の都会振りがだんだんと寂れて行くあたりリアルである。トンネルを抜けると海が広かっている場面は共感できる気持ちの良さがある。乗り物を描きながらも、どこと無く丸みのある優しい絵柄がまた良い。基本「バスで海へ行く」というだけで何と無くロマンチックな気分になる私だった。

  • たーちゃん さん

    バスが海に向かって走ります。様々な人を乗せて…。バスを見かけると、「バスバスー」と指を差して喜ぶ息子は楽しそうにしていました。

  • けんちゃん さん

    文庫に購入。岬灯台に向かって穏やかに走り続けるバス。乗客の家族のほのぼのとした感じ、トンネルを抜けるワクワクした感じ、ちょっと懐かしく、気持ちの良い風を感じる作品です。「ピン・ポン・バス」も購入しなくちゃなぁ…

  • 遠い日 さん

    路線を走りながら、ちゃんと人々の日々の営みを写し取っている鈴木まもるさんの絵が、すてき。岬灯台まで行くぼくたちの見るもの、感じること。ぼくが感じるバスの中の非日常の空気と、路線の日常が溶け合っていて、わくわくする気持ちが立ちのぼってくる。バスに揺られている時間を、懐かしく思い出します。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

竹下文子

1957年、福岡県生まれ。東京学芸大学で幼児教育を学び、在学中に童話集『星とトランペット』(講談社)でデビュー。1995年に「黒ねこサンゴロウ」シリーズで、路傍の石幼少年文学賞を受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品