家族スイッチ4 マーガレットコミックス

稚野鳥子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088467948
ISBN 10 : 4088467949
フォーマット
出版社
発行年月
2012年06月
日本

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ako さん

    琉兄が喋るようになるとすれば天留絡みだろうと思っていたけど、天留が声を聞けて良かったな。家系図ではややこしい関係でも、単純にお互いを大切に思う気持ちさえあれば家族はバラバラにならないよね。

  • まりもん さん

    琉司がマスコミに取り上げられて琉司と血の繋がっていないことがハッキリしてしまい動揺する天留が切なかった。天留は結衣子のところへ行くころになりちょっと家族ばらばらになったような玉木家。でも鷹司のメールや行動で何とかまた1つになったようだけど、琉司はこのまま芸能界デビューしちゃうのかな?

  • すみの さん

    1〜4巻読了。複雑な血縁の玉木家。主人公・天留の性格を更により引き立てる容姿。可愛いいなあ。喋りが『おじゃる丸』みたい(笑)なんと『クローバー』のハルキもご登場。このハルキの一廻り以上年下の弟、玉木家次男・琉司と天留の関係はどうなる?喋らない琉司がとうとうご発声「俺には天留が必要…」…よくできました〜!

  • ネロ さん

    表紙がハチクロっぽすぎて笑ってしまいました。これはまだ続くのかな??

  • みやび さん

    玉木家がバラバラになってしまうかと思って、ハラハラしてしまったよ。急に状況が一転した。琉兄が日野瑶子の子供だということがみんなに知れて、しかもそれがマスコミにも知れて。自分の想いを抑えきれなくなった天留ちゃんは、家を飛び出す。路頭に迷っていたところ、美優が現れ、二人で結衣子の家に行き、結衣子の家に住むことに。琉司が家を出てしまい、不安になった鷹司は天留ちゃんに助けを求める。天留ちゃんも琉司も家に戻ってくる。鷹司のデコ技が凄すぎる。鷹司と美優、いい感じなのになぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

稚野鳥子

8月25日、東京都生まれ。1988年、『半透明の扉』でデビュー。以後、「ぶ〜け」「コーラス」「Kiss」などの女性漫画誌で活躍を続け、25年間でヒット作を多数発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品