両さんと歩く下町 『こち亀』の扉絵で綴る東京情景 集英社新書

秋本治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087202656
ISBN 10 : 4087202658
フォーマット
出版社
発行年月
2004年11月
日本
追加情報
:
18cm,247p

内容詳細

葛飾区亀有で生まれ育った作者が、「こち亀」の舞台となった街を再訪し、その地への思いととっておきの話を綴る。作者自選のペン画集、極私的下町ガイド、メイキング・オブ「こち亀」、3つの顔を持った画期的新書。

【著者紹介】
秋本治 : 1952年東京生まれ。76年、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の連載が週刊少年ジャンプで始まり、まんが家デビュー。同作品は96年に一〇〇〇回を超え、少年まんが連載の最長記録を現在も更新しつづけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • HANA さん

    こち亀作者の案内で巡る東京下町。下町散歩であると同時に、著者の子供時代のエッセイであると同時に、こち亀創作秘話としても読める一冊で三度美味しい造り。柴又が舞台になった時、こっそり寅さんが書かれてたって知ってました?基本左頁が下町を描いた扉絵になってるので説明と同時に情景を楽しむ事も出来るし、描かれているのが90年代から0年代初頭な為、当時の風景を楽しむ事も出来る。場所の説明と同時にそこが舞台となった回も紹介されているのだが、自分でも驚くほどその内容を覚えていた。やっぱ物心ついた時から読んでいたからなあ。

  • mitei さん

    こち亀の著者が自らの下町の思い出をだしている一冊。しかしよくそこまで昔のことを覚えているなぁと感心した。

  • 河瀬瑞穂@トマト教司祭枢機卿@MMM団団長 さん

    擬似下町散歩。秋本先生の愛がこもった一冊。なにより自作「こち亀」に対する愛が、根底に強く流れていました。とても素敵な一冊。

  • 霧島 さん

    作者が自作『こち亀』を引き合いに出しながら、下町の思い出を綴るエッセイ。浅草、上野、御茶ノ水は僕自身頻繁に訪れる街なので、読んでいて「あー、あの場所か!あそこ良いよなー」などと何度も頷いたし、扉絵を見るだけでも「これはあのアングルから見た景色だな」と気づけるものが多々あり、ただただ楽しかった。同時に『こち亀』は現在の下町の光景を切り取りながら今はない下町の様子もしっかり描いていて、東京の下町史を記録した文化財だとさえ言えるのではないかなどとも思った。いずれにせよ読み終えた後は下町を探訪したくなった。

  • ory112 さん

    左頁がほぼ全て扉絵という贅沢な一冊。当たり前に載っているから忘れがちだけど、毎回すごい質!と気づかされる。特に橋シリーズはジャンプ読者だったときにとても印象深かったので、まとめて見られて嬉しかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

秋本治

漫画家。1952年12月11日生まれ。東京都葛飾区亀有出身。1976年、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(週刊少年ジャンプ)で連載デビュー。2016年、40年間、全200巻に及ぶ連載が終了。同作は「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」として、ギネス世界記録に認定された(本データはこの書籍が刊行された

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品