子どもを伸ばす母親は「話し方」が違う! 扶桑社文庫

福田健

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594072698
ISBN 10 : 4594072690
フォーマット
出版社
発行年月
2015年05月
日本
追加情報
:
255p;16

内容詳細

社会で自分の能力を発揮するためにも不可欠な会話力は、子どもの頃から培う能力。「あいさつ」から「話す力」「聞く力」「表現力」まで、親が今すぐすべきことを話し方のプロが指南。単行本『子どもの会話力を伸ばす64のルール』を大幅に改訂して文庫化!

【著者紹介】
福田健 : 1961年、中央大学法学部卒業後、大和運輸(現・ヤマト運輸)に入社。1967年、言論科学研究所入所。指導部長、理事を歴任。1983年、(株)話し方研究所設立、同研究所所長に就任。2004年、同会長。コミュニケーションを軸に講演、講座に出講。また、話し方研究所主催のセミナーでも直接指導にあたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いなほ さん

    子どもに対しての本かもしれないけど、夫婦や友人、あらゆる人に対しても基本は同じ。今の私は⁇と改めて考えることが出来た一冊。

  • ringring2612 さん

    娘がもう少し小さい頃に読んでおきたかったかな。今からでもまだ間に合うことは有りそうなので、実践してみる。

  • たな さん

    未就学児を持つ親向けか。子どもに話す機会を与える。子どもの話に耳を傾けるといったあたりのことが表現を変えてなんどか説明されているという印象を受けた。

  • おサル さん

    子どもが幼児あたりの親が読者層。

  • 薔薇喰い姫 さん

    一番の防犯は毎日挨拶して町内に知らない人がいない状況にすることなんよね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

福田健

1961年、中央大学法学部卒業後、大和運輸(ヤマト運輸)入社。67年、言語科学研究所入所。指導部長、理事を歴任。83年、株式会社話し方研究所を設立、所長に就任。2004年からは会長を務める。研究所主催のセミナーで指導にあたるほか、各企業・官公庁で講演・講座活動をおこなっている(本データはこの書籍が刊

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品