神と仏の道を歩く 集英社新書ヴィジュアル版

神仏霊場会

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087204582
ISBN 10 : 4087204588
フォーマット
発行年月
2008年09月
日本
追加情報
:
18cm,364p

内容詳細

世界的な巡礼ルート「神仏霊場巡拝の道」誕生。140年の時を超えて、手を結んだ150の古社名刹。伊勢から比叡山まで、西国2府5県を巡る全150社寺を描き下ろし、優美な細密鉛筆画で辿る公式ガイドブック。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • れい さん

    西国33箇所、まだ満願できていないのだが(あと遠方の3か寺を残す)、ハイキングとウォーキングをかねて、出かける口実が欲しく、神仏霊場を新に始めた。水間寺で購入。改めて参加霊場表をみて、被るお寺の多いこと…。150箇所もあるので、いつ終えることのできることやら。ゆっくりと味わいたいものです。

  • うえ さん

    今宮戎神社「かつては、大阪商人にとっての本当の初詣は十日戎への参拝であったといわれる。一月十日に祭礼の行なわれる今宮戎神社で商売繁盛を祈願し、福笹をいただいて帰ることで、その年の仕事が本格化した。社殿によると、賑わいを見せはじめるのは中世以後のことらしい。市場経済が活発化するとともに崇敬者が増えていった。近年は招福の神としてと親しまれ、十日戎の参詣は百万人を超える。えびす神は、七福神のなかで唯一日本の神。イザナギ、イザナミの三男として生まれた夷三郎ともおわれるが、出自ははっきりしない。」

  • ゆうへい さん

    世界遺産を含む寺社仏閣150ヵ所の経緯と背景が述べられています。特に、近畿地方を中心に描かれていて、おまけに始まりである伊勢神宮も紹介されています。訪れたところはいくつかありますが、それぞれポイントに描かれていて、霊場がカラー写真ではなく、鉛筆画で紹介されています。ボリュームがありますが、所々で遠回しな言い方もあって、読みにくい部分もありました。ただ、巡礼の参考にもなりやすく、ガイドブックとしては成り立っているだけでも救いようがあります。

  • 京橋ハナコ さん

    神社に行くときに神社の下調べにに読むべき本。家で煎餅をかじりながらひたすら読むべきではない。疲れたのはそんな読み方をした私のせい。よく知らない神社に行くときに良いと思う。

  • ビーバー さん

    伊勢神宮を含む近畿地方150の社寺を巡る霊場を、札所順に紹介。挿絵は全て鉛筆画。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品