定年不調 集英社新書

石蔵文信

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087210866
ISBN 10 : 4087210863
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
221p;18

内容詳細

身も心もボロボロのあなたへ
しんどさの原因はこれだった

「定年不調」とは仕事中心に生きてきた50代〜60代の男性にみられる心身の不調を指す。
定年前後のストレスフルな状況や生活環境の変化にうまく対応できずに、体と精神が悲鳴を上げる男性は多い。
これは「男性更年期障害」による多様な不調の症候群なのだ。更年期という言葉に抵抗感や違和感を覚える人がいる。
しかし男性にも更年期障害があり、その諸症状は「男性ホルモンの低下がおもな原因ではない」と考える著者は、ホルモン補充療法を行わない治療を実践する。
心療内科の立場からも定年不調を見つめ、対処法と予防策を提示する。

■主な内容
・「定年不調」は「男性更年期障害」 
・男性ホルモン、女性ホルモンの役割とは何か
・男性更年期障害の原因はホルモン量ではなくストレス
・定年前後は「メンタルの危機」
・定年不調のおもな症状をチェック
・定年不調は何科を受診すればいいのか
・心身を健康に保つ「セロトニン」が不足する
・更年期の不定愁訴は「自律神経失調症」
・私がホルモン補充療法をしない理由
・中年男性を襲うストレスの原因とは?
・遅くとも57歳から意識変革と行動を開始する
・妻を夫源病に追い込む夫のタイプ
・なぜ男性は孤独化・孤立化しやすいのか
・孤独死は3日以内に見つけてもらおう
・定年後は薬の種類や飲み方の見直しを
・定年後は体より心の健康を優先する

■目次
はじめに 「定年不調」は「男性更年期障害」   
第一章 定年不調の実態は男性更年期障害―その原因と症状 
第二章 男性更年期障害の治療 
第三章 定年前後のストレスケアで意識変革
第四章 妻の「夫源病」を理解できるか
第五章 男の孤独、孤立と向き合う
第六章 定年不調回避のための行動療法 
おわりに 健康長寿とピンピンコロリは医学的に両立しない

【著者略歴】
石蔵 文信(いしくら ふみのぶ)
1955年京都府生まれ。医学博士。
内科・循環器・性機能専門医。三重大学医学部卒業後、国立循環器病研究センター、米国メイヨー・クリニック・リサーチフェロー、
大阪大学大学院医学系研究科保健学准教授、大阪樟蔭女子大学教授などを経て、大阪大学人間科学研究科招へい教授。
2001年に全国でも先駆けとなる「男性更年期外来」を開設。日本自殺予防学会理事等。
夫の言動がストレスとなって妻の心身に生じる不調を「夫源病」と命名し、話題を呼ぶ。
『夫源病』『男もつらいよ!男性更年期』など著書多数。


【著者紹介】
石蔵文信 : 1955年京都府生まれ。医学博士。内科・循環器・性機能専門医。三重大学医学部卒業後、国立循環器病センター、米国メイヨー・クリニック・リサーチフェロー、大阪大学大学院医学系研究科保健学准教授、大阪樟蔭女子大学教授等を経て、大阪大学人間科学研究科招へい教授。2001年に全国でも先駆けとなる「男性更年期外来」を開設。日本自殺予防学会理事等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 華形 満 さん

    以前に故・はらたいら氏の著書に興味を持ったのも、あれだけ活躍していた氏が急に不調をきたし相当な期間休職状態になり、その原因が当時はほぼ無認知だった男性更年期障害だった事から明日は我が身だと思ったからで、本書は専門家による解説本。男女を問わず、老齢に差し掛かれば肉体的だけでなく精神的にも衰えが目立って来る。要はそれを正面から受け止め過ぎず、決して完治しようなどと意気込まずどう受け流すか?が大事というのが良く分かった。

  • たな さん

    男性更年期、仕事中心の生活に変化が求められることなどへの違和感などからくる不調問題をとりあげ、その対処法を述べたもの。定年と脱仕事生活への変化というのは大変だろうなと思った。

  • 乱読家 護る会支持! さん

    「定年不調」とは、50代、60代の男性にみられる心身の不調、男性更年期障害。定年前の将来に対する漠然とした不安、定年後の環境変化に対応できないことが原因。ニコニコしている「微笑み型うつ病」が多い。著者は、男性ホルモン「テストステロン」の補充療法よりも、心理的治療を勧める。。。。 60近くになっても、過重労働をしている僕は「知らんけど、変顔うつ病」になるかも(笑)。そして、妻の「夫源病」の対応として「おうむ返し」や「アサーション」を勧める著者。あ、いや、今さらキモいですやん(笑)

  • どん さん

    夫源病の先生の本 定年前からスローダウンして定年後に備えよう 男の更年期障害はあまり知られていないが、誰もがなってしまうことだとうけとめ、楽しく生きよう 奥さんとの距離も大切

  • sakase さん

    「あきらめて楽しく生きましょう」 定年不調 (集英社新書) >> 男性更年期障害 抑うつ状態 睡眠障害 テストステロン値低下 原因はストレス 定年前後がメンタルの危機 セロトニンの減少(脳がガス欠)が自律神経失調症。  「認知行動療法」無理をせずにぼちぼちと スローセラピー 57歳からスローダウン 「夫原病」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」 今読まれている、新型コロナウイルス・感染症関する本。ベストセラー/医学系専門書/文芸・新書などをご紹介。 |2020年05月11日 (月) 11:30
    【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」
  • 【特集】医学・看護・薬学専門書籍 イヤー・ノート、クエバン、今日の治療薬など、医学・薬学・看護系を目指すのに欠かせない、医学・医療系専門書をご紹介。 |2020年04月09日 (木) 00:00
    【特集】医学・看護・薬学専門書籍
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』

おすすめの商品