イチローインタビューズ 2000-2019 激闘の軌跡

石田雄太

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163910673
ISBN 10 : 4163910670
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
426p;20

内容詳細

2000年、メジャーリーグ挑戦直前のインタビューから、2019年3月、現役引退直後にシアトルの自宅で行われたロングインタビューまで。
スポーツ総合誌Numberを中心に20年間、100時間を超える単独インタビューを完全収録した、イチロー本の決定版。
イチロー自身、「僕の言葉にウソはない」と話す、その真摯な言葉から見えてくるのは、スーパースターの偉大なる足跡と、知られざる苦悩、困難を乗り越えた強い心、尊敬すべき仲間との日々、そして家族の絆だった……。
『向こうに行くことが夢じゃないですから』(2001年、メジャー入りが決まって)
『進化という言葉を使うなら今かもしれませんね』(2004年、シーズン最多安打記録を更新して)
『獲りにいって獲った世界一ですから』(2006年WBC優勝後)
『みんなが折れかけた心を支えてくれた』(2009年WBC連覇後)
『イチロー≠ヘ間違いなく、僕の原動力でした』(2019年、引退直後のロングインタビューで)

【著者紹介】
石田雄太 : 1964年11月11日、愛知県生まれ。名古屋市立菊里高等学校、青山学院大学文学部卒。NHKに入局し、「サンデースポーツ」などのディレクターを務める。1992年の独立後は、「Sports Graphic Number」を中心とした執筆活動とともにスポーツ番組の構成・演出を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    記念すべき読んだ本3,000冊目の登録は、MLBだけで3,000本以上ヒットを打った、イチローのインタビュー集です。もっとインタビューが中心なのかと思いきや、MLBの歴戦、記録、写真も多く、懐かしく楽しめました。 オススメは、WBC関連のインタビュー、イチロー&王の対談です。https://nipponbaseball.web.fc2.com/personal/batter/ichiro.html

  • kawa さん

    2010年までの「インタビューズ」(既読)に、19年引退までの軌跡を加えた本書。カタカナのイチロー・アナウンスをみんなから笑われた屈辱、あれがなかったら野球選手と幸せな最期を迎えられなかった。206本のヒットでも残念なシーズンと言われる。「人の何倍もの努力なんて、できっこないんです。ただ、自分の限界を少しだけ超えることを重ねてきた。(中略)そうやって歳を積み重ねてきただけの自信があったから、心が折れようとも泰然としていられた」天才と表現されることを嫌うわけがよく解る。お疲れさまでした、そして、ありがとう。

  • 緋莢@感想お休み中 さん

    図書館本。2010年に文春新書で刊行された『イチロー・インタビューズ』にその後の9年間のインタビューを収録した本。2000年、メジャーリーグへの移籍が決まった後から、2019年の引退まで。不調が続いた第2回WBCでは <でも救われたのは、みんなが支え続けてくれたことでした。ピッチャーは点を取られまいと踏ん張ってくれた。野手は、僕以外のみんながカバーして、折れかけた心を支えてくれました。>と語っているのが印象的でした。これが無かったら、決勝戦は違った結果になっていたかもしれません(続く

  • たらお さん

    イチローの言葉から綴られるノンフィクションで、NPB時代だと小松成美のが素晴らしい。これはオリックス最終年からMLB引退までの期間Number誌で書かれたものを本にしたもの。数々の記録達成後のインタビューもあるが、苦しい時代のことも包み隠さず答えているのがいいところ。2007年イチローが首位打者を獲りにいって逃し涙した時の想い、マリナーズからヤンキースにシーズン途中の移籍からの苦悩〜昨年連続200安打が途切れ、このシーズンは再び200安打に意気込む年であった〜など、当時のことを思い出しながら読みました。

  • 中田俊輔 さん

    イチローの本は、ほとんど購入しなかったんですよ、まだ現役だったので引退したら購入しようと、この本はイチローがメジャー挑戦から引退までのインタビューで大満足です王貞治さんや松坂大輔、WBCの話や、もちろん毎シーズンのインタビューではないんですがバランスよく書かれていて不満では、なかったですリアルタイムでメジャーでの活躍を観られて最後までカッコイイなんて素晴らしいです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

石田雄太

1964年11月11日、愛知県生まれ。名古屋市立菊里高等学校、青山学院大学文学部卒。NHKに入局し、「サンデースポーツ」などのディレクターを務める。1992年の独立後は、「Sports Graphic Number」を中心とした執筆活動とともにスポーツ番組の構成・演出を行っている(本データはこの書籍

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品