佐武と市捕物控 江戸暮しの巻 ちくま文庫

石ノ森章太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480435996
ISBN 10 : 4480435999
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
318p;15

内容詳細

若き下っ引き佐武、盲目で剣の達人の市。その二人が解決する江戸の難事件。斬新な筆致と胸を打つドラマ。マンガ史上に輝く最高傑作シリーズ。江戸の風物を背景に、人々のこころの闇と生きる哀しさを描いた作品群をセレクトした文庫オリジナル・アンソロジー。

【著者紹介】
石ノ森章太郎 : 本名:小野寺章太郎。1938年1月25日、宮城県登米郡(現・登米市)生まれ。1954年、高校在学中に『二級天使』でデビュー。高校卒業と同時に上京し、漫画家生活に入る。1998年死去。2006年、角川書店(現・KADOKAWA)から500巻770作品におよぶ個人全集『石ノ森章太郎萬画大全集』が発行開始され、一人の著者による最も多い漫画の出版の記録としてギネスに認定される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Vakira さん

    いや〜懐かし〜 もう 作者が書かれてから50年近く立つのではないだろうか?そんな昔に書かれたことが信じられない。今読んでも全然色褪せていない。映画を見ている様なコマ割り演出。これを少年誌に掲載してもこの良さを判るには中学生以上ではないだろうか?解説読んだら やっぱり 青年誌へ移行したようだ。とにかく 今 佐武と市を発行してくれたちくま文庫に感謝。

  • 青龍 さん

    ちくまさん、ありがとう! という感じです。石ノ森作品の中で、一番好きかも!というくらい、佐武と市が好きです。江戸の風景や風俗、日向子先生とはまた違うセンスで描き出す、人々の生活。それにしても、流れるようなコマと、そこに隠された伏線や心情が流石。

  • アリーマ さん

    石森章太郎の傑作の一つがセレクションで復活。江戸庶民の風俗、そして色も欲も描き出す傑作漫画だ。静と動を絵に語らせる映画的なコマ割りが斬新でカッコイイ!ほぼ三十年以上ぶりで読んだが、初出が四十年も前と聞いてしみじみ驚いた。時代を超える傑作がここにも。アニメもまた見たいなあ。欲を言うと、文庫サイズなので絵が小さくてもどかしい恨み。大型版で再刊してくれないだろうか。★★★★★

  • ryohjin さん

    もう半世紀も前の作品ですが、ともかくも絵的に美しい。石ノ森章太郎の美学の世界を満喫できました。

  • 鷲羽 さん

    「狂い犬」、圧倒的。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

石ノ森章太郎

本名:小野寺章太郎。1938年1月25日、宮城県登米郡(現・登米市)生まれ。1954年、高校在学中に『二級天使』でデビュー。高校卒業と同時に上京し、漫画家生活に入る。代表作に『サイボーグ009』『仮面ライダー』『佐武と市捕物控』『マンガ日本の歴史』などがある。1998年死去(本データはこの書籍が刊行

プロフィール詳細へ

石ノ森章太郎に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品