ハゲタカ 5|下 シンドローム 講談社文庫

真山仁

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065212417
ISBN 10 : 4065212413
フォーマット
出版社
発行年月
2020年10月
日本
追加情報
:
573p;15

内容詳細

官邸は迷走し、首都電が責任回避に奔走するばかり。原発メルトダウンの危機は確実に進行する。表向き救世主として振る舞う鷲津は、けっして本当の狙いを明かさない。原発事故の危機のカウントダウンと、ハゲタカ鷲津の巨大買収劇が、同時並行で進む、リアル金融サスペンス。驚愕と感動の結末へ向かう!

【著者紹介】
真山仁 : 1962年、大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。新聞記者、フリーライターを経て、2004年に企業買収の壮絶な舞台裏を描いた『ハゲタカ』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
日本を買い叩くと豪語していた鷲津氏。そん...

投稿日:2021/07/29 (木)

日本を買い叩くと豪語していた鷲津氏。そんな彼の今回の狙いは、これぞザ・ジャパンと言わんばかりの電力会社。公共事業の名の下胡座をかき責任を取ろうとしない帝都電力。原発事故の責任をウヤムヤにせんとする官邸。その中で官庁が国益のために動き、鷲津氏も表に立つ。年とともに日本も変わるのだろうか。

ヤックン さん | 岡山県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • クキモン さん

    日本の政治家や官僚の、保身と責任転換の上手さは一流だと思う。その狡猾さを手玉に取る鷲津は最強。原発についての知識も深まり、考えさせられた一冊でした。

  • ライアン さん

    面白いね〜、こう来たかという感じで。原発についえても考えさせられた。秀樹みたいな登場人物はこのシリーズでは珍しいかもね。芝野はきっと鷲津の目論見通り首都電のCROになっちゃうんだろうな(笑)・マグマの野上も出てきたね、上巻にも「そして、星の輝く夜がくる」に関係する人も出てきたけれど。また続編が出ませんかね

  • なよ さん

    ページ数は多いが、面白いのでテンポ良く読めた。今回は、前半にあっさり鷲津が敗れてしまった印象や、首都電力が震災・事故により倒産懸念企業に転落したこと、敵対するファンドがなかったことのせいか、それほど今までのようなシーソーゲームは感じられなかったが、早く首都電力を軌道にのせるやり取りは読み応えがありました。

  • mitsu44 さん

    安定の面白さでした。東日本大震災後の原発事故対応に不味さを露呈した政府と首都電力と戦い、タブー視されていた電力会社買収で歴史に警鐘を鳴らす本作。ここまで来ると次に本シリーズで挑むのは、EUかコロナ後の世界か。はたまた次があるのか。期待してます!

  • *takahiro✩ さん

    あれから10年の今、原発事故の被害者として、この本を読むことができて本当に良かったと思います。あの時、自民党政権でなくてまだ良かったとは思いますが、この本の主人公の様な人がいたらもう少しマシな今があったと改めて確信しました。あの時からこの国は酷くなる一方です。つい先日も、原発事故の自主避難者が損害賠償請求をしている裁判で、この国は「自主避難などする必要はなかった。自主避難者に賠償をすることは放射能汚染がまだ続いていることを認めるのと同じで日本の評価が落ちる」などととんでもない陳述を行い賠償を拒否しました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

真山仁

1962年大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒。新聞記者、フリーライターを経て、2004年、企業買収の壮絶な舞台裏を描いた『ハゲタカ』でデビュー。同シリーズはドラマ化、映画化され大反響を呼ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品