いのち いちばん大切なもの

相田みつを

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579501854
ISBN 10 : 4579501853
フォーマット
出版社
発行年月
2008年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,79p

内容詳細

書家として、詩人として創作活動を続けた相田みつをの作品には、「いのち」への深い深い思いが宿っている。その「いのち」をテーマにした作品集。英訳付き。相田みつをのろうけつ染めやデザインも収録。

【著者紹介】
相田みつを : 1924年栃木県足利市に生まれる。1942年旧制栃木県立足利中学校卒業。このころより本格的に書と短歌に打ち込む。1954年足利市にて第1回個展。以後1991年、東京での「いのちいっぱい展」まで、各地にて作品展を開催する。1991年12月17日、足利市にて逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • チロル さん

    図書館本。『本気』『ある日 自分へ』と本書合わせての3部作。「人間はだれだってさ みんなカッコよく 陽の当たる所へ 出たいんだよ…(以下略)」これは 本書で初めて出会った作品。「まける人のおかげで 勝てるんだよなあ」と合わせて読むと良い🌱 「陽の当たる所」「勝つ」場所へたどり着いた意味。気持ちが良いって、1人では なし得ないことなのです。早く 家本にしたい!そしたらコンプリートできる「のに」( *´艸`) そうなんだよねぇ、よく核心を突いていらっしゃる。。だから、好きな書家詩人さん✨

  • ひろ§ さん

    ひとつひとつの詩に、深く考えさせられました。言葉って大事で重みがあるなぁ〜

  • たくちゃんのなおちゃん さん

    「いのちの根」をメモ帳にうつして、へこんだときに見てます。

  • つん さん

    あのね で始まる詩「いのち」。すごくわかりやすい言葉で、こんなにも大切なことを伝えている。いのちって大切だから、理屈とか細々大切さを並べ立てたくなるけれど、こんな優しさにあふれたシンプルな言葉のほうが、心によく届くなぁ。つけられた絵も、ふんわり優しい感じで素敵。相田さんの詩に慰められたり、たしなめられたり、励まされたり・・・。「うばい合えば足らぬ」もお気に入り。

  • ひまわり さん

    「あとじゃできねんだよな いまのことは いましかできぬ」「他人の物差し 自分のものさし それぞれ寸法が ちがうんだな」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品