針穴のパリ 田所美惠子写真集

田所美惠子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309268781
ISBN 10 : 4309268781
フォーマット
出版社
発行年月
2006年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
27cm,79p

商品説明

極小の針穴に束ねられた光が描く、誰も見たことのないもうひとつのパリ。針穴写真の先駆者、田所美惠子が、女性ならではの感性と遊び心でとらえたピンホール写真集の決定版!

内容詳細

針穴写真機(ピンホールカメラ)がとらえた誰も見たことのないパリ。

【著者紹介】
田所美恵子 : 1975年日本女子大学文学部英文学科卒業。1990年渡仏。Chalon‐sur‐Sa^one(シャロン・スュール・ソーヌ)市立ニエプス写真美術館で針穴写真を学んだ後、パリで針穴写真の撮影を始める。1999年社団法人日本写真文化協会功労賞受賞。活動拠点を東京に移した現在もパリでの撮影を続けながら多数の個展を開催。講演会、ワークショップ、その他さまざまな媒体を通じ、針穴写真の普及に努める。フランスのAssociation pour la Photographic Ancienne et ses Techniques(旧式写真とその技術の会)会員。2006年より日本針穴写真協会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Koki Miyachi さん

    ピンホールカメラで撮影したパリ。パリの本屋で手に取った写真集で出会ったピンホールカメラに興味を持ってから自らも撮るようになった。ピンホールカメラ独特のソフトフォーカスな写真。人間の目には捉えられないピンホールカメラならではの多重露光的な映像はとても味わい深い。フォトジェニックなパリとの相性は抜群。巻末の作品解説を兼ねたエッセイは、気取らず丁寧で上品で知的な作者を思わせる素敵な文章でした。

  • Etsuko Hirose さん

    ピンホール=風景みたいに思ってたんだけど、ショーウィンドーの写真が面白くてもっと色々撮ってみようと思った。針穴、難しいけど楽しいなぁ

  • 呉藍 さん

    ピンホールカメラって面白いですねぇ。白黒なんだけど、微妙に丸くおさまっているパリの風景はなんだか温かくてかわいらしい。久しぶりにデジカメを持って散歩に出ようかと思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品