鹿と日本人 野生との共生1000年の知恵

田中淳夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784806715658
ISBN 10 : 4806715654
フォーマット
出版社
発行年月
2018年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
228p;19

内容詳細

シカは人間の暮らしや信仰にどう関わり、どのような距離感でお互いに暮らしてきたのか。1000年を超えるヒトとシカの関わりの歴史を紐解き、神鹿とあがめられた時代から、奈良公園をはじめ全国各地で見られるシカとの共存、頻発する林業や農業への獣害とその対策、ジビエや漢方薬としての利用など、野生動物との共生をユニークな視点で解説する。

目次 : 第1章 奈良のシカの本当の姿/ 第2章 ナラシカを支える人々/ 第3章 ナラシカの誕生と苦難/ 第4章 シカが獣害の主役になるまで/ 第5章 間違いだらけの獣害対策/ 第6章 悪戦苦闘のナラシカづきあい/ 第7章 神鹿と獣害の狭間で

【著者紹介】
田中淳夫 : 1959年生まれ。静岡大学農学部林学科卒業後、出版社、新聞社等に勤務の後、現在はフリーランスの森林ジャーナリスト。森林、林業、山村問題などのほか、歴史や民俗をテーマに執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ポレ さん

    奈良公園とその周辺に生息する、国の天然記念物に指定されている「奈良のシカ」をナラシカとし、ナラシカの現状、神話時代までさかのぼっての歴史、農作物の食害問題をはじめとする人間との共生について丹念に描いている。寺社の権力が強大だった江戸時代以前は、ナラシカを殺すと死罪だったのには驚き。食害問題の広がりから、個体数調整のため駆除されるシカが増加するものの、ジビエとして利用されるのはほんの一部であり、ドッグフード等の活用は増えているが、大半は焼却処分されているらしい。

  • chuji さん

    久喜市立中央図書館の本。2018年7月初版。書き下ろし。奈良公園の鹿は野生で、赤信号は止まって待つ❗何故ペットにならないかというと、顔に表情が無いから‼確かに❗

  • ちゃま さん

    ★★★☆☆ 奈良に引っ越した事で身近すぎる鹿に興味を持ちました。 奈良の鹿は飼われているわけではないということにまずビックリ… 読んでよかったです。奈良鹿の見方が変わりました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品