絶望の林業

田中淳夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787719195
ISBN 10 : 478771919X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
301p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • gotomegu さん

    林業の現状をわかりやすく解説している。林政や林業のところではため息が出てしまう。あまりにも短絡的な思考すぎて。特に林政は、造林にしろ輸出入にしろ、失敗の連続。いきあたりばったりで長期の展望がない。それを正すのは国民なんだけれど、森林について興味がないので、やりたい放題になっちゃってる。だからこそ、林業について興味をもってもらうような活動をしたいと思ってる。素材生産業としては利益が出にくいからこそ、「役に立たない×意味がある」ことができるんじゃないかと。逆に、これから伸びしろがある分野なのかも。

  • ウラー さん

    個別事例は面白いが、まとまりに欠け中身を思い出しにくい。メモがわりに列挙すると:日本林業は育成・伐採・製材全てが高コスト低品質だが、7割を補助する補助金のお陰で原木価格は世界一安く、海外に輸出できている。国産材が高いと思われているのは誤解で、低価格だが低品質で生産・納入が不安定であるため建築家や工務店が国産材を嫌い、品質が良く、納期も守る輸入材を使いたがる。政府は林業を成長産業にしたという結果を出したいため、採算度外視でいいから木材を伐採して統計上の生産量を上げようとし、何かと理由をつけて補助金をつける。

  • やん さん

    著者の林業界への懸念や情熱はよく伝わるが、「山主」に過大な責任と重荷を預けているように感じる。山林の所有者=林家ではないし、林業界も聖域ではない。しかし補助金と林政については深く同意する。とりわけ二酸化炭素削減のための間伐補助金は実質ノルマ達成のための事業量確保を地方自治体、林業事業体に押し付けている。また、国、地方自治体、事業体では、異動する人々は著者の言うように自分の任期のことだけしか考えず、長期的な視野に立った林業経営が全くできていない。絶望の林業から希望の林業に変われるか。むしろ諦観の林業なるか?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品