江戸を歩く 集英社新書ヴィジュアル版

田中優子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087203165
ISBN 10 : 4087203166
フォーマット
発行年月
2005年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,206p

内容詳細

江戸学者・田中優子と写真家・石山貴美子が現代の東京の背後に捉えた、記憶の風景。四季に彩られた水の流れ、祭りの風景、人々のたたずまいの中からは、江戸の賑わいが聴えてくる。江戸をめぐる鎮魂と癒しの旅。

【著者紹介】
田中優子 : 1952年横浜生まれ。法政大学社会学部教授(近世文化・比較文化)。『江戸百夢』(朝日新聞社)で芸術選奨文部科学大臣賞、サントリー学芸賞受賞。05年紫綬褒章受章

石山貴美子 : 1947年秋田県生まれ。写真家。(株)面白半分に勤務の後、独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • rena さん

    江戸学者の田中優子先生の本、写真も多くて気取らず日常の 風景、妖しい雰囲気のお稲荷さん、刑場跡、本と一緒に時間トリップの気分。湯島天神の賑わいの近くの昌平坂学問所の跡(先生は天神よりこちらの方がほっとするらしい)江戸の有名人がここに住い交流したとか、意外な発見も多かった。 江戸は、ヴェネチアや杭州のような運河都市で、また風水を使っての都市設計だった。本郷界隈には、文学者の宝庫だけではなくて地下のむろで糀を造って味噌や納豆、甘酒にしてたそう。台地の端だからなのか。ブラタモリみたいに本片手に散策しようかな。

  • えいなえいな さん

    東京という街はそれほど観光するところもなく人も多いので地方から家族や友人が来ても、それほど連れて行くところがある訳でもありません。ただふらっと街歩きをするにはこれ以上の街は無いように思います。なのでついついガイドブックを何冊も読んでしまうのですが、本書は江戸の街を元に紹介してあるので視点が独特で面白いと思いました。吉原から始まって鈴ヶ森で終わるガイドなんてなかなかないんじゃないですか。

  • きいち さん

    今すぐこの本持って電車に乗って歩きたくなる、そんな本。特にこの冒頭の小塚原刑場の緊張感はどうだろう。何の変哲もないコンクリートの建物、ガード下を越え、お地蔵様があって、そんな風景。普通に歩いても見えない風景が、田中の描写で一枚皮を剥がれ、死者と出会える場所になる(木戸に並ぶ冬の風鈴の音の怖いこと!)。東京に引っ越してきて7年、それなりに歩いてきたつもりだったけれど、見えてなかったなあ。目にへばりついたウロコ、剥がさなければ。

  • キヨミズ さん

    とっても、面白かったです!!あー、東京に、いや、江戸に行きたい!!風情溢れる町並みや、造形物が鎮座している東京(江戸)。そのなかに風流と哀愁うずめく、現・東京。いくばか前に東京へ行ったことがあるのですがあまりにもビルが空を隠していることにガッカリした記憶があります。しかしながら、この本書を読むと、まだまだ東京には見所(歴史の造形物としての見所です)があるなと思いました!

  • ヴェネツィア さん

    江戸・東京の本は多いが、本書はそれらの中でも出色の1冊。筆者は、当代随一の江戸文学・文化の研究者にして、第1級の文筆家。千住小塚原回向院に始まり鈴が森に終わる江戸探訪は、いかにもこの筆者らしさに溢れたもの。すなわち、時間的にも、空間的にも、そこにはマージナルな江戸が描き出されているのだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

田中優子

法政大学社会学部教授などを経て法政大学総長。専門は日本近世文化・アジア比較文化。『江戸の想像力』で芸術選奨文部大臣新人賞、『江戸百夢』で芸術選奨文部科学大臣賞・サントリー学芸賞。著書多数。2005年度紫綬褒章。江戸時代の価値観、視点、持続可能社会のシステムから、現代の問題に言及することも多い

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品