どうせカラダが目当てでしょ

王谷晶

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309027944
ISBN 10 : 4309027946
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
王谷晶 ,  
追加情報
:
187p;19

内容詳細

私は私を全肯定。「女のカラダ」にかけられた呪いを解く爆走エッセイ!!!!cakes好評連載、書籍化!!!!

目次 : 乳―乳、帰る/ 髪―髪のみぞ知る/ 腹―腹いっぱいの涙/ 足―足をナメる人生/ 肌―肌は見せるか見せざるべきか/ 尻―世界にひとつだけの尻/ 目―目と目で通じ合うってアリですか/ 爪―爪を憎む者たち/ 声―君の地声で僕を呼んで/ 毛―無理、無茶、無駄毛〔ほか〕

【著者紹介】
王谷晶 : 1981年、東京都生まれ。小説家。著書に『探偵小説(ミステリー)には向かない探偵』(集英社オレンジ文庫)、『完璧じゃない、あたしたち』(ポプラ社)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • olive さん

    うんこの数だけ救われる。たとえどんな丁寧な言葉遣いでも、薔薇の木には薔薇が咲くように、うんこな気持ちから出てくる言葉はうんこだ。どこかで読んだのだが、うんこと聞いて笑うのは子供、大人はうんこを真面目に考えます。そう、真面目に私の肉体は、私だけのもの。あらゆるすべての私を肯定してくれる。みんなで救われようの輪♪

  • Schunag さん

    今いちばん痛快な文体で今いちばん痛快なことを書く鬼才によるエッセイ集。いまを生きる男子は必読だと思いました(だけど電車の中とかコーヒーを口に含んだ状態とかで読むのは避けるべし)。余談だが本書中のあちこちで著者が「泣く」と書いている青汁のCMが観たい。

  • ふじこ さん

    〈女が泣き過ぎてるんじゃない。世界が乾き過ぎてんですよ。〉王谷さんの言葉はロックだ。鋭い文章は普段カラダを消費されまくって麻痺している女の五臓六腑に染み渡る。女だって毛が生えるし、気を遣わなければ体臭がキツくなるし、ヒールの高い靴も動きにくいステキなお洋服も可愛く見られたい一心で身に付けている。美しい身体は女性たちの並々ならぬ努力によって成り立っているのだということを再認識した。せめて私だけは、自分の顔と身体をたっぷり愛でていこうと思った。

  • zaziezombie さん

    「自分の体は自分のもの」だと繰り返し伝えてくれる。語り方がずっと力強くて優しい。弱った時に何度でも読み返したくなる。

  • ベック さん

    現代を生きるすべての人に読んでもらいたい。男女問わずね。日本の風土がもたらした、女性特有の諸問題が俎上にのって縦横無尽に語られる。痛快なのだが痛切でもある。いったいどうしたらもっと生きやすい心に負担のかからない世の中になるのか?あと、女性に対する幻想は捨てなければいけません。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

王谷晶

東京都生まれ。小説家。著書に『探偵小説には向かない探偵』『あやかしリストランテ奇妙な客人のためのアラカルト』など

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品