虚構推理 3 月刊マガジンKC

片瀬茶柴

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063925180
ISBN 10 : 4063925188
フォーマット
出版社
発売日
2016年04月15日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
167p;18

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • もも さん

    コミック3巻目。ついに虚構推理の部分が明らかに。岩永の本領が少しずつ見え始めたという所でしょうか。原作は読了済みなので展開はわかっていても読むと楽しい。文字数多めですが、これだけテンポ良く進めてるのは良いと思う。岩永と九郎が恋人らしい雰囲気をようやく出してくれました。良かったコミックで。原作だとあまり出してくれないんですもの…。巻末の出張版での「お気の毒に」の岩永が良い笑顔すぎる(笑)。そんなおひいさま好きです(笑)。次巻は8月かあ。楽しみです。

  • ゆんこ姐さん@他院ヘルプDEATH( ´゚Д゚)・;’.、カハッ さん

    鋼人七瀬とは一体何かが分かり、そして、九郎の「くだん」の能力についても明かされる。原作にもあった通り、虚構で虚構を制する策をとろうとする琴子。サキさんは相変わらず怯えつつも、警察の調査内容を琴子に明かす。琴子、九郎、サキさんの掛け合いが楽しい。これは原作もだけど。シリアスな中にもコミカルを入れてくるというのは難しいと思うんだけど、なかなかうまくやってます。漫画家さん。これからさらに漫画化するのには難しい内容になってくると思うがどうなるか。結末は知っていてもコミックの方も楽しみになってしまう一冊。

  • ぴよの助 さん

    琴子の巫女の舞が面白かった。城平先生の脚本はやっぱり面白い。そしてヒロインは一癖も二癖もある。九郎先輩と琴子がようやく恋人っぽい感じになったけどやっぱり淡々としてるというか。妖怪座敷童よかった。出張読み切りもすごく面白い。早く4巻よみたい

  • イーダ さん

    虚構推理の意味がやっと解りました。しかし、鋼人七瀬を形作ってる人の意図はどこにあるのでしょう?そして琴子さんって、ちゃんと歳をとってるのかな?見た目どう見ても中学生にしか見えないのだけど・・・

  • エディ さん

    ★★★★★ ここ数年で久しぶりに「完全にツボを突かれた」コミックの3巻。月刊少年マガジン2015年12月号の出張版(実はスクラップ済み)も収載。4巻は8/17発売予定。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

片瀬茶柴に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品