日本海軍地中海遠征記 若き海軍主計中尉の見た第一次世界大戦

片岡覚太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309223728
ISBN 10 : 4309223729
フォーマット
出版社
発行年月
2001年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
326p;20

内容詳細

1917年、日英同盟を背景に第1次大戦下の地中海に派遣され、ドイツ軍のUボートと戦った海軍特務艦隊に所属する若き士官が残した、戦いと旅の貴重な記録。埋もれた歴史に光を当てるみずみずしい手記。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Admiral2009 さん

    朝鮮戦争での掃海艇の話も世に出なかったが、地中海遠征は更に世に出ない話だ。戦記ものとしては違う位置にあるので関連本の秋月達郎氏・二コル氏著作を読もう。それにしても此れほどの英国との関係が何故崩れていったのか?

  • call さん

    第一次世界大戦で海軍の船が地中海へ遠征したという本。実際に従軍した将校によって書かれている。第一次世界大戦は日本人にとってはあまり馴染みのない戦争なのだろうが、このような形で第一次世界大戦に関わっていたという事実に驚いた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品