チェルノブイリの祈り 1 ヤングアニマルコミックス

熊谷雄太

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592166764
ISBN 10 : 4592166760
フォーマット
出版社
発売日
2024年02月29日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;22

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ムーミン2号 さん

    日本という国はいろんな作品がコミックになっていて、豊かというか、贅沢というか、いろんな媒体で楽しむことができかついろんな方面から作品に触れることができる。文章を読むのがお得意でなければこのコミックで、とご推薦できるのだが、できればコミックを読んだあとはアレクシエーヴィチさんの文章に触れてほしい。全部でなくてもいいから、最初のエピソードだけでもいいから。

  • Aby さん

    原作は同じタイトルのスヴェトラーナ・アレクシェーヴィチ「チェルノブイリの祈り」.「戦争は女の顔をしていない」に続いて2つめのコミカライズ.原作はもちろんだが,こちらもおススメしたい.

  • ねむたろ@積読強化月間!! さん

    昔のインタビューが元というだけあるのか、だいぶ価値観にはモヤりつつも、やっぱ原発反対なんだよなあ…という気持ちを新たにしたのであった。原本の方を読んでないのでなんとも…というところもあるが興味が出たので原本の方もいずれ読んでみたい。その一瞬、たった一夜で同じ人間なのに明確な境界線が出来上がってしまうのキツイし残酷だ…まだ生きている人間を放射性物質と言うの、かなしくなるな。何もわからぬままただ巻き込まれて苦しみながら亡くなった人間を英雄として昇華する美談の醜悪なこと。

  • YS-56 さん

    祈りは届いていたか。私たちは何を伝えていくべきなのでしょうね…。

  • CHACK さん

    この作品が「ヤングアニマル」に連載されている不思議。「祈り」というよりも「呪詛」に聞こえる体験者たちの言葉は重い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品