お手軽気血ごはん 1週間で必ず体がラクになる

瀬戸佳子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579213832
ISBN 10 : 4579213831
フォーマット
出版社
発行年月
2021年01月
日本
追加情報
:
136p;19

内容詳細

目次 : 1 「気」も「血」も足りない気血両虚って、どんなもの?(こんな症状1 午前中だるく、夕方からようやくエンジンがかかる/ こんな症状2 冷え性だけど、夏の暑さにも弱い ほか)/ 2 気血ごはんは「手軽」じゃないと続かない(気血両虚に必要な食材はどんなもの?/ どん底に疲れた状態でも作れる料理を考えて ほか)/ 3 季節ごとに「養生」しましょう(気血両虚の人が季節ごとに注意すること/ 春のごはん/春のおすすめ食材 ほか)/ 4 病気にならない体をつくりましょう(東洋医学における、免疫力について/ 免疫力アップには、補腎食材を ほか)

【著者紹介】
瀬戸佳子 : 国際中医薬膳師。登録販売者。早稲田大学理工学部卒、同大学院理工学研究科修了。北京中医薬大学日本校(現・日本中医学院)薬膳科卒業。会社員を経て、東京・青山の「源保堂鍼灸院」にて、「簡単、おいしい、体によい」をモットーに、東洋医学に基づいた食養生のアドバイス、レシピ提案を行う。鍼灸院併設の薬戸金堂で、漢方相談も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アクビちゃん さん

    【図書館】@朝がとにかくつらいA寒いのも暑いのも苦手Bお昼を食べたら必ず眠くなるC心配ごとがめぐって眠れないD肌が乾燥してシワが気になるE元気な人が心底うらやましい 心当たりあるのは、BとE それ以外は、更年期障害に悩んでいる人も居るお年頃なのに、有り難い事に良く寝れるし元気だけど読んでみた。体に良いと思っていたけれど、気血両廃の人は、汗の出しすぎ、朝の果物、夜食の冷やっこに納豆、体力ないのに筋トレ&マラソン、冷え性に生姜湯はNGで、朝一杯のお味噌汁、1日ツナ缶1缶、おやつに魚肉ソーセージだそうです。

  • よこたん さん

    “どのような食事をとるかで、体は驚くほど変わります。” その人が選んで口にしたもので、体は作られる。気持ちの赴くままに食べたいものを食べることと、体が必要としているものを食べることとは、残念ながらピタリと一致はしない。東洋医学の観点から、なんとなく不調を改善するヒントが沢山。朝一杯のおみそ汁・ツナ缶を1日1缶を1週間続けてみる・おやつは魚肉ソーセージ、説明を読むとなんとなく納得はする。勘違い健康法には苦笑い。大豆製品の落とし穴と、しょうが湯での冷えにションボリとなる。冷たいもの、生もの、甘い物かわいそう。

  • M.O. さん

    どうも体調優れず読んでみました。市販品を使っての薬膳。実践できそうな内容ばかりです。まずは甘いものを減らす!甘いものを食べたい=血虚 なのだそうです。おやつは魚肉ソーセージを! 朝はとにかく味噌汁。1週間ツナ缶を1缶毎日食べる。体調の変化を感じるはずとのことで開始してみました。変化するか楽しみ....

  • assam2005 さん

    「気血両虚」について。東洋医学の観点から「何だかちょっと不調」な状態を見直し、養生しようという一冊。ツナ缶、豚肉、味噌汁がいかに素晴らしい食材であるかを再認識させられた。体調が最悪な状態になった時に腎を補う豚肉を三食一週間食べ続けて難聴とめまいは解消した、とのこと。食事でこんなに体調は変わるのかと正直驚いた。腎を痛める要因に、過労、夜更し、頭の使い過ぎ、根を詰める等とある。真面目な人が陥りやすい項目のオンパレードですね。

  • 小紫 さん

    東洋医学でいう「気」と「血」の何たるかをシンプルに説明していただきました。そに二つともが不足するタイプの状態を「気血両虚」というそうで、やっぱり自分のあの時の症状は…と思い当たる節が多々ありました。「気」や「血」を補うための食材と、その活用法のレシピを参考に、だるい身体をどうにかいいコンディションに持っていきたいお年頃です(苦笑)。借りた本ですが、辞書的に手元に置きたくなりました。《図書館》

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

瀬戸佳子

国際中医薬膳師。登録販売者。早稲田大学理工学部卒、同大学院理工学研究科修了。北京中医薬大学日本校(現・日本中医学院)薬膳科卒業。会社員を経て、東京・青山の「源保堂鍼灸院」併設の薬戸金堂で、漢方相談を行いながら東洋医学に基づいた食養生のアドバイスを行う。雑誌やwebの取材、セミナーの講演などでも幅広く

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品