泣き虫しょったんの奇跡 完全版 サラリーマンから将棋のプロへ 講談社文庫

瀬川晶司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062765824
ISBN 10 : 4062765829
フォーマット
出版社
発行年月
2010年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,352p

商品説明

26歳で死んだ男は35歳で夢をかなえた!

彼はなぜ「将棋のプロ」という夢を追ったのか。その将棋に殺され、将棋を憎んだ彼はなぜ再び立ち上がることができたのか。無気力だった少年が歴史に残る奇跡を成し遂げるまでの成長と挫折と再生を、彼を支えた信じられないほどいい人たちとの交流をまじえて綴った感動の自叙伝!

あきらめなければ、夢は必ずかなう!中学選抜選手権で優勝した男は、年齢制限のため26歳にしてプロ棋士の夢を断たれた。将棋と縁を切った彼は、いかにして絶望から這い上がり、将棋を再開したか。アマ名人戦優勝など活躍後、彼を支えた人たちと一緒に将棋界に起こした奇跡。生い立ちから決戦まで秘話満載。

※本書は、2006年4月に小社より刊行された「泣き虫しょったんの奇跡」に第6章を書き加えたものです。

内容詳細

あきらめなければ、夢は必ずかなう!中学選抜選手権で優勝した男は、年齢制限のため26歳にしてプロ棋士の夢を断たれた。将棋と縁を切った彼は、いかにして絶望から這い上がり、将棋を再開したか。アマ名人戦優勝など活躍後、彼を支えた人たちと一緒に将棋界に起こした奇跡。生い立ちから決戦まで秘話満載。

目次 : 第1章 恩師/ 第2章 ライバル/ 第3章 奨励会/ 第4章 再生/ 第5章 新たな夢へ/ いまだから言えること/ 第6章 棋士

【著者紹介】
瀬川晶司 : 昭和45年横浜市生まれ。小学5年生のときに将棋に夢中になり、6年生でプロを志す。中学3年生のとき、中学生選抜選手権大会で優勝、その年、プロ棋士養成機関の奨励会に入会する。22歳で三段に昇るが、その後、低迷して26歳のとき年齢制限の規定により奨励会退会。一度は将棋と縁を切ったが、神奈川大学法学部在学中に将棋を再開すると、平成11年のアマ名人戦優勝をはじめ、アマチュア強豪として大活躍する。やがて就職してサラリーマンとなるが、プロとの公式戦で7割以上という驚異的な勝率をあげると、平成17年、日本将棋連盟にプロ入りを希望する嘆願書を提出、周囲の協力もあって戦後初めてのプロ編入試験将棋を実現させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アマニョッキ さん

    まさかまさかのコトイチ泣きました。読み終えて尚涙が止まりません。感動。実はタイトルがあまり好きではなくてしばらく読むの躊躇してたんですが、そんなわたしを豆腐の角で殴ってやりたい。優しく分かりやすい文章(賢い小学生ならきっと読める)と、ノンフィクションだからこそ描ける情景と心情との融合が本当に見事。そして人生訓のような金言もたくさん。特に178pの一文はもうね、なんでわたしと全く同じこと考えてるの?とびっくりしきり。そうかー、これを豊田監督で映画化しちゃうのかー。それはもう全日が泣きますよね!早く観たい!!

  • zero1 さん

    奇跡とは遠くで起きてはいない。すぐ近くにある。強く想い行動すれば夢はかなう。再出発のエネルギーをこんなにも感じた作品がこれまでにあっただろうか?年齢制限によりプロ棋士への道を閉ざされた男、瀬川が史上二人目のプロ編入試験に挑む。六局で三勝すれば合格だが、最初の佐藤天彦(当時三段で今の名人)に負けてしまう。そこへ届いた恩師からの励ましには泣けた。中学生プロ棋士が活躍する一方で、こんなにも遠回りする男がいる。何かに挫折し、生きる勇気を必要としている方に読んでほしい一冊。映画化された。

  • mio217 さん

    読友さんに触発されて手にした1冊。何、この感動!何なの、将棋界!よくも、こんな世界を作ったな!涙が浮かぶ感動よりも、血がみなぎる興奮!将棋をさすこと、駒を動かす事は、まるで人生そのもの。むしろ人生よりも過酷でドラマティック過ぎる。そして、将棋のプロに進む事が、断崖絶壁を登るような、荒波に飛び込むような、こんな過酷な事だったなんて。遊びたい年頃に、将棋に青春を注ぎ込んだ先に見えるものは、あまりにも辛過ぎる。しょったん以外も、きっとプロを目指す1人1人にドラマがある筈だ。もっと将棋界を知りたいゾ!読みたいゾ!

  • Ammie as 妹子⛪ さん

    できれば映画を観る前に読みたかったけど、遅くなっちゃった。映画がすごくよかったので期待はしてました♪ 大好きになれるものに出会って、背中を押してくれる人たちと出会って起こった奇跡。でもそれは、挫折を経験しながらも諦めずに進み続けた瀬川さんに、起こるべくして起こったものだと思う! 読みやすい文章で、素敵な言葉に沢山会えて、幸せな読書でした! 今年上位に行きそう…。

  • デビっちん さん

    再読。前回単行本を読みましたが、今秋に映画化されるということで再読してみました。映画を見るための復習の意味合いだったんですが、成功法則とも言える金言の数々に驚かされました。前回はストーリーを追うことにばかり目がいって、気づかなかったんですねぇ。。。何の取り柄もなく、やりたいこともない、さらには自分に自信が持てない人に読んでもらいたい本です。映画も楽しみだー!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド