最強のホテル100

瀧澤信秋

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781616414
ISBN 10 : 4781616410
フォーマット
発行年月
2018年03月
日本
追加情報
:
143p;22

内容詳細

デラックス、アッパー進化系&ビジネスホテル、リゾートホテル、温泉ホテル&旅館、カプセル&レジャーホテルまで、あらゆるジャンルから厳選した画期的で、絶対ハズさないホテルガイド!

目次 : 1 私が選ぶ最強ホテル/ 2 デラックスホテル/ 3 アッパー進化系&ビジネスホテル/ 4 リゾートホテル/ 5 温泉ホテル&旅館/ 6 簡易宿場&レジャーホテル

【著者紹介】
瀧澤信秋 : ホテル評論家。「All About」公式ホテルガイド、ホテル情報メディア「Hotelers」編集長。JARK一般社団法人宿泊施設関連協会常任理事。JTWO一般社団法人日本旅行作家協会正会員。JALF財団法人宿泊施設活性化機構理事。宿泊者・利用者の立場からホテルや旅館全般を評論。そのフィールドはホテルステイからホテルグルメ、ホテルにまつわる社会問題までと幅広く、テレビ・ラジオをはじめとするメディアへの出演、雑誌・新聞への寄稿など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ニコ子 さん

    図書館

  • カナコ さん

    いつか泊まりたい!と夢見ながら読みました。子供が大きくなったら、自分へのご褒美で、ひとりホテル満喫旅をするのが夢です…。

  • Hiroki Nishizumi さん

    サブタイトルにホテル評論家が自腹で泊まる、とあるが本当なのか疑問に感じる。自分のチョイスとは感性が違う。まぁいろいろあるか。

  • 古本虫がさまよう さん

    さまざまなホテルのガイドブックのような体裁。これは、瀧澤信秋氏の『365日365ホテル 上』(マガジンハウス)の続編というわけではないのだろう? その本、今手元に見当たらないが、活字メインの本だったかと。ところが、『最強のホテル100 ホテル評論家が自腹で泊まる!』は、ビジュアル中心の構成になっているから。カラー写真豊富。 ラブホ(レジャーホテル)も出てくる。外国人観光客相手には「民泊」ではなく、こんなラブホを開放すればいいのに…と思う。シティホテル以上の設備を誇るものもあるし、そこよりは割安価格だろうし

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

瀧澤信秋

ホテル評論家。コストパフォーマンスの高い国内ホテルを徹底取材、宿泊者目線で評論活動を行う。ホテル業界全般や、サービス、ホスピタリティ、クレーム対応、ホテルグルメなどについて、ホテル経営者やスタッフなどへの綿密な取材の上、各種媒体を通じて情報を発信している。また、旅行作家として、ホテルや旅のエッセイな

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品