約束の地、アンダルシア スペインの歴史・風土・芸術を旅する

濱田滋郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784865592214
ISBN 10 : 4865592210
フォーマット
発行年月
2020年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
256p;21

内容詳細

目次 : ■第1部: 歴史−−大航海時代まで / 第1話: 人は生きるためにアンダルシアを選んだ / 第2話: 西欧最古の文明がアンダルシアに花開いた 古代(1) / 第3話: カルタゴもローマも西の楽園をめざした 古代(2) / 第4話: 「ガデスの娘たち」がその魅力をふりまいた 古代(3) / 第5話: ゲルマン民族も南の地に面影を刻んだ−−西ゴートの聖者 中世(1) / 第6話: モーロ人が新しい文化の香りをもたらした 中世(2) / 第7話: イスラム盛期に東方からの大音楽家が住み着いた 中世(3) / 第8話: アル=アンダルスは詩人たちの住む国だった 中世(4) / 第9話: モーロ人たちが最後に咲かせた大輪の花 中世(5) / 第10話: ユダヤ人とのきずなは古くともけっして消えない / 第11話: ヒターノたちは定住しても「彼ら」であり続けた / 第12話: アンダルシアの歌には意外や、北スペインの声もこもる 近世(1) / 第13話: アンダルシアは、新大陸とヨーロッパをつなぐ環となった 近世(2) / ■第2部: スペイン統一後の文化 / 第14話: 山賊とその伝説もまたこの地の文化にほかならない / 第15話: またとない詩人のゆりかご、詩のふるさと / 第16話: この地に深く心を捕らえられた作曲家たち / 第17話: 画家たちは描いた−−目に見えぬはずの「歌」までも! / 第18話: 色も香りも咲きかたも、この地の花には粋な風情がある / 第19話: 宗教も「美」と「情」への感動なしには成り立たない / 第20話: 白壁の家並には長きにわたる文化の粋が秘められる / 第21話: 世に名高い「いい加減さ」も、人生の知恵に結びつく / 第22話: 粋やユーモア、誇りを生む、根源的な豊かさ / ■第3部: ヒターノとフラメンコ / 第23話: ヒターノ的なものがいつしか深く根を張った−−英雄となった闘牛士 / 第24話: フラメンコ通の詩人が書き残したひとつのエピソード / 第25話: アンダルシアとヒターノとは、魂までも分かち合えた / 第26話: アンダルシアの真心であり、脈動となった楽器たち / 第27話: 世界的で人間的なアルテを生み出すための「約束の地」 / *解説(川瀬佑介) / *参考文献一覧 / *アンダルシア地図/スペイン史年表

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みかん さん

    濱田大先生の著作、ちゃんと読むのは初めてだったけど「音楽だけじゃなくてアンダルシアの全てを知って欲しい!」という熱量をひしひしと感じるし、そうした濱田メソッドを感じるのに適切な一冊だったと思う。読むとアンダルシア巡りをしたくなるし、スペインのピアノ音楽についてもっと勉強せねばと思う。ベティカ幻想曲も気になるし。あとヒメネスの「プラテーロとわたし」もいずれ読みたい。

  • ファルコファン さん

    おん年85歳、濱田滋郎さんのアンダルシア愛、フラメンコ愛にあふれた本。アンダルシアの自然、歴史、文化、民情を分かりやすく伝えたいという気持ちが伝わってくる。「フラメンコがそこに芽を出し、花を開き、実を結ぶように運命づけられた、そこしかない‘’約束の地‘’であったのだ」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品