85歳のチアリーダー

滝野文恵

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594077556
ISBN 10 : 4594077552
フォーマット
出版社
発行年月
2017年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
200p;19

内容詳細

生きがいなんてなくても、幸せに生きられる。「良妻賢母」の枠にとらわれ苦しんだ時期を乗り越えて、「人生は幸せじゃなきゃウソ」と割り切れるようになるまで。

目次 : 第1章 私の人生を駆け足で(「不良娘」と呼ばれて/ アメリカかぶれの女の子に ほか)/ 第2章 食べたいものを食べ、寝たいときに寝る(85歳、最近ようやく、老いを感じます/ 一人暮らしほど結構なものはない ほか)/ 第3章 おばさんのおせっかいは大嫌い(ホストファミリーが教えてくれた「ありがとう」/ もっと気楽に「ごめんなさい」 ほか)/ 第4章 老いと死への覚悟(アメリカで学んだ老年学/ 死をいつも意識して生きてきた ほか)

【著者紹介】
滝野文恵 : 1932(昭和7)年、広島県福山市生まれ。関西学院大学卒業後、1年間アメリカ留学。25歳で結婚、1男1女を授かる。53歳、アメリカノーステキサス大学で老年学修士号を取得。帰国後、アメリカにシニアチアリーダーチームがあると知り、63歳で「ジャパンポンポン」を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヨータン さん

    80過ぎてチアダンス、とってもいいと思います。写真も見たけどシニアの皆様、若々しくて、かわいかったです。私もこのチームに入会できる年齢になったら入れてもらおうかなと本気で思いました。

  • T66np さん

    この方のインタビューか取材記事が日経に掲載されてて、面白そうだったので借りて見た。チアリーディングや年齢の話は特に響かなかったけど、人間関係お付き合いの話が面白かった。特にそのチアリーディング部の会則。「グループ内の冠婚葬祭は一切しない」「旅行のお土産なども一切なし」「楽屋見舞いの差し入れはなし」「季節の挨拶、年賀状も必要ない」と!素晴らしい!第3章「おばさんのおせっかいは大嫌い」もよかった。からっとした割り切りが素敵。こんな年寄りになりたいなーと思うけど、経済的にはだいぶ余裕がある方のようだ。図書館本

  • 華形 満 さん

    たまたま某新聞(デジタル版)での著者のインタビュー記事を読んで、ご高齢とは思えない超ポジティブ思考に驚かされて著書を手にしたものの、その記事以上の内容は一切無く、これまで幾度となく読後に後悔させられた思いっきり超自意識過剰主張を延々と読まされた経験再びでガックリ。先ず親への恨みが根本にある様だが、ご自身がかなり恵まれた家庭環境だったという認識に欠けており、全て米国スタイル肯定の発想が古過ぎる。肝心のチアダンスについての記述が少ないのも如何に勘違い本かを物語っている。厳しいが「読む価値無し本」で残念、、

  • fukui42 さん

    加入条件「55歳以上」「自称容姿端麗」。いいじゃないですか! 。周囲に「元気だ」「元気だ」と言われているうちに「元気だ」と思い込み、自分で「元気」の旗印を掲げている。ますます、いいじゃないですか!! 「やってみなきゃわからない」。日々に埋もれて挑戦することを忘れている私まで、なんだか元気になってきました。それと何より、本の「印字が大きい」のがナイス。当社比1.5倍。ますます、いいじゃないか!

  • かこ さん

    楽しく読ませていただきました。滝野さんの行動力には憧れです。憧れている場合じゃない年齢なのですが滝野さんから見たらまだ私は娘っ子かも(笑)。笑ってしまうくらい好きなもの興味のあるものが似ています。「これって、なんなんだ?」「生きるって、なんなんだ?」「死ぬって、なんなんだ?」と、ずっと考え続けていた滝野さん。最終的には「感謝」の気持ち。日々生活して雑用やつまらないことに気を取られ、考えたり感じたり感謝することすら薄れていた自分に喝が入った感じです。欧米との違い、おばさんのおせっかい、一人暮らしのよさ、など

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

滝野文恵

1932(昭和7)年、広島県福山市生まれ。関西学院大学卒業後、1年間アメリカ留学。25歳で結婚、1男1女を授かる。53歳、アメリカノーステキサス大学で老年学修士号を取得。帰国後、アメリカにシニアチアリーダーチームがあると知り、63歳で「ジャパンポンポン」を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品