ユートピア

湊かなえ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087716375
ISBN 10 : 4087716376
フォーマット
出版社
発行年月
2015年11月
日本
追加情報
:
314p;20

内容詳細

第29回 山本周五郎賞 受賞!

舞台は太平洋を望む美しい海辺の町。足の不自由な小学生久美香と、親友の彩也子の友情を契機に、近所のママ友によって車椅子の基金「クララの翼」が設立される。だが些細なことから連帯が軋みだす。

【著者紹介】
湊かなえ : 1973年広島県生まれ。2007年「聖職者」で第二九回小説推理新人賞を受賞、受賞作を収録した『告白』(08年、双葉社刊)でデビュー。同作は09年、本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    湊かなえは新作をコンスタントに読んでいる作家です。本作は図書館の予約に少し出遅れて2ヶ月遅れで読みました。人間のいやらしさ、偽善、欺瞞を織り込んだ「ダークグレー湊かなえ」作品、一気読みしました。著者はユートピアなんて絶対ないと思っているのでしょうね。著者は本作をアルプスの少女ハイジ(正統)、家庭教師のトライ(パロディ)にインスパイアされて本作(イヤミス)を書いたのでしょうか?

  • ウッディ さん

    お花畑と青い海を臨む岬のある地方の街、ここで生まれ育った菜々子、水産会社に勤める夫の転勤でここに来た光稀、芸術家として理想の地としてここを選んだすみれ。3人女性は、商店街の祭の実行委員として出逢い、「クララの翼」という車椅子を支援するボランティア活動を始める。幸せに暮らし、この地をユートピアにしたいだけなのに、嫉妬、やっかみそして見下しなど、嫌な感情に振り回され、幸せを見失ってゆく女たちを描いた物語でした。殺人事件は無くても良かったかも‥。とにかくよく燃える街だった事、子供のズルさが印象的でした。

  • 風眠 さん

    どんなに小さくても、子どもは物事の真実を分かっている。上手く言語化できないだけで、心で見抜いている。大人の優越も、欺瞞も、不満も、裏も表も、全部見抜いている。見抜いた上で大人が望む子どもを演じている。よくよく思い出せば、私もそうだった。いつからだろう、子どもだから分からないと思うようになったのは。太平洋を望む海辺の町、自然派志向の移住者、転勤者、元から住んでいる地元の人間。ほんの少しのずれ、息苦しさ。事故で歩けなくなった女の子と、社宅の女の子。ラストの種明かしはまるでミステリ版『ふたりのロッテ』のよう。

  • takaC さん

    女はコワい。:-p

  • かなえ さん

    男性の心を描くより、女性の心を描いた作品のほうが巧いですね。「リバース」を読んだ直後だから余計にそう思います。いろんなタイプの女性たちの表と裏の顔。嫉み、ひがみ、羨望。いろんな感情が小さな町に渦巻いていました。素直な子供たちだって、どんなことを考えているのか…。わかったもんじゃないですよね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

湊かなえ

1973年広島県生まれ。2007年「聖職者」で小説推理新人賞を受賞。翌年、同作を収録した『告白』でデビュー。同書は、2009年本屋大賞を受賞。12年「望郷、海の星」(『望郷』収録)で日本推理作家協会賞短編部門を受賞。16年『ユートピア』で山本周五郎賞を受賞。18年『贖罪』がエドガー賞ベスト・ペーパー

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品