進化の法則は北極のサメが知っていた 河出新書

渡辺佑基

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309631042
ISBN 10 : 4309631045
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
343p;18

内容詳細

2016年、北極の深海に生息する謎の巨大ザメ、ニシオンデンザメが400年も生きることがわかり、科学者たちの度肝を抜いた。このサメはなぜ、水温ゼロ度という過酷な環境で生き延びてこられたのか?そして地球上の生物はなぜこんなにも多様に進化したのか?気鋭の生物学者が世界各地でのフィールドワークを通じて、「体温」を手がかりに、生物の壮大なメカニズムに迫る!

目次 : 第1章 冷たい―本当の極寒はニシオンデンザメしか知らない(純度一〇〇パーセントの寒村/ 海で最も恐ろしいもの ほか)/ 第2章 熱い―アデリーペンギンが教えてくれた南極の暮らし方(時速一〇〇メートルの船/ 巨大化したカブトムシ ほか)/ 第3章 ぬるい―ホホジロザメに学ぶ中間的な生き方(ワライカワセミの鳴き声の下/ 新幹線、ジェット機、ホホジロザメ ほか)/ 第4章 激しい―イタチザメが見つけた生命エネルギーの法則(巨大なドーナツ型は何のため/ ツールドフランスを走るロードバイクのように ほか)/ 第5章 儚い―バイカルアザラシが語る生命時間のルール(ロシア製の素朴なミニバン/ 一〇〇パーセント皆優しい ほか)

【著者紹介】
渡辺佑基 : 1978年岐阜県生まれ。国立極地研究所准教授。東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。野生動物に小型の記録計を取り付けるバイオロギングという手法を使って魚類、海鳥、海生哺乳類の生態を調べている。東京大学総長賞、山崎賞、若手科学者賞。前作『ペンギンが教えてくれた物理のはなし』(河出書房新社)で第68回毎日出版文化賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • フク さん

    図書館 ★★★★★ 過酷な環境での観察の果てに辿り着いた、結論となる方程式が美しすぎて感動した。 * 時間の経過を代謝量で切るのは新鮮だった。......代謝量あげよう

  • Tomomi Yazaki さん

    新書にしてはかなりの厚さの本でしたが、神秘のサメ・ニシオンデンザメに魅かれ購入。今までの常識ではガラパゴスゾウガメの200歳が最長寿でしたが、このサメは、なんと500歳を優に超える長寿。たぶん調査すればまだまだ長寿のサメがいるはず。その生態を知っただけでも見っけもんですが、それ以外は体温に特化した内容だけでまとめあげようとしている、かなり冒険的な書で困惑してしまう。終盤の体温による統一論は凄い事なのかも知れないけど、ついて行けずほぼ理解不能。私にとっては尻つぼみな内容で、期待していただけに、ちょっと残念。

  • サメ社会学者Ricky さん

    バイオロギングにとどまらず、体温・代謝・体重という化学・物理の視点から、ニシオンデンザメとホホジロザメとオサガメとラクダと恐竜その他諸々が同じ土台で明快に説明される様は爽快である。 ただ、『ペンギンが教えてくれた物理の話』よりもより詳細な議論が展開されているので、まだ読んでいない人はそちらの本から始めることをお勧めする。

  • 読書熊 さん

    生物の生態や基本法則を、体温や代謝といった物理の考え方で迫っていく大変ユニークな生物学本。それでいて、著者のフィールドワークの描写も豊富で、読みやすい。

  • ken さん

    ニシオンデンザメ、アデリーペンギン、バイカルアザラシなどを取り上げ進化のしくみに体温が影響しているのではないかと分かりやすく解説しています。研究者たちの熱い情熱が伝わってきます。アデリーペンギンに機器を取り付けたり外したり、バイカルアザラシを生きたまま捕獲するための決死の覚悟! ひとかどの研究者たちは、凄いですね。ここまでやらないと極めることは難しいんですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品