ペンギンが教えてくれた物理のはなし 河出ブックス

渡辺佑基

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309624709
ISBN 10 : 4309624707
フォーマット
出版社
発行年月
2014年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
246p;19

内容詳細

クジラやペンギン、アザラシなどの潜水動物や、アホウドリやウといった飛翔動物をはじめ、野生動物たちの生活は人間の目に触れず、その生態は謎に包まれたままだった。そんな観察が難しい動物たちに超小型のカメラや記録計を取り付け、データから行動や生態を調査する研究手法を「バイオ(bio=生物)+ロギング(logging=記録)」と呼ぶ。本書ではバイオロギングが明らかにした野生動物の多様でダイナミックな動きから、背景にある物理メカニズムを読み解き、その進化的な意義に迫る―。

目次 : 第1章 渡る―ペンギンが解き明かした回遊の謎(「動物はどこに、何しに行くの?」/ ミズナギドリの終わらない夏 ほか)/ 第2章 泳ぐ―遊泳の技巧はサメに習う(マグロは時速一〇〇キロでは泳がない/ 薄気味悪いニシオンデンザメ ほか)/ 第3章 測る―先駆者が磨いた計測の技(バハマの悲劇/ 最初のひとしずく―生理学の巨人、ショランダー ほか)/ 第4章 潜る―潜水の極意はアザラシが知っていた(「ぺんぎんは、なんでもぐるのですか?」/ ダイビング界の雄、ウェッデルアザラシ ほか)/ 第5章 飛ぶ―アホウドリが語る飛翔の真実(離島での飛行百景/ 縦横無尽の機動性―グンカンドリ ほか)

【著者紹介】
渡辺佑基 : 1978年、岐阜県生まれ。国立極地研究所生物圏研究グループ助教。農学博士。東京大学大学院農学生命科学研究科修了。野生動物に小型の記録計を取り付ける「バイオロギング」と呼ばれる手法を用いて、魚類、海鳥、海生哺乳類の生態を研究している。2007年、東京大学総長賞受賞。2010年、南極観測隊に参加しペンギン目線のビデオ撮影に成功。研究論文は米国科学アカデミー紀要に掲載された。2011年、学術分野全般で優れた実績を積み上げた人に贈られる山崎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • aya. さん

    ジェンツーペンギン特化かと思いきや、いろんな動物が出てくる。『生態学と物理学は、真逆の学問である』これからの未来が面白そう。集団バイオロギングや、小型化して昆虫につけるなど。

  • 林 一歩 さん

    こういった良書を学生時代に読むことで興味の対象が格段に広がると思う。娘に勧めた。

  • かいゆう さん

    渡辺さんを知ったのは情熱大陸。とにかくやってる事が面白くて、ワクワクする。バイオロギングのデータから分かる動物たちの行動には、驚かされることばかり。アザラシはどうして深く潜るのか?浮き袋のないマンボウがどうして浮かんでいられるのか?マグロは本当に時速80kmで泳ぐのか?一定の法則がはっきりと表れるものや、あてはまらないものとその理由、どれも興味深くて、この先どんな新たな事が分かるか楽しみ。難しくはないので理解はできるけれど、図やグラフがあると、もっとよかったかなと思いました。

  • くろすけ さん

    話の上手な人からその人が熱中している仕事の話を聞くと滅法面白い見本のような一冊。まずその文章。「スタコラ」「ヘンテコな」そして「あまつさえ」の多用…なんとなじみ深い文体。この人絶対あの作家の影響受けてる!と思いながら読み進めると案の定、マンボウの章で北杜夫登場。研究のため乗り込んだ遠洋船上などでかなり読み込まれた模様。動物の身体に計測器を付けて記録を取る「バイオロギング」が明かす、動物たちの意外な生態や能力。世界中を飛び回ってフィールドワークを展開する筆者たちのワクワクの研究人生。読んで魂が活性化された。

  • 黒猫 さん

    流し読み。アホウドリ、マンボウ、ペンギン、アザラシの話は面白かったです。調査方法とか物理の話になってしまうと流し読みになりました。アホウドリは一度会いたい鳥ですね。可愛いし、飛んだときと歩いている時とギャップが可愛いです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド