Infinite Dendrogram -インフィニット・デンドログラム-12 アイのカタチ HJ文庫

海道左近

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784798621197
ISBN 10 : 4798621196
フォーマット
出版社
発行年月
2020年02月
日本
追加情報
:
369p;15

内容詳細

恋模様が咲き乱れる……!

決闘都市ギデオンにて、愛闘祭という街を挙げての大きなお祭りが開かれることになった。
アズライトからの依頼により、護衛をしつつ、参加することになったレイ。
愛をモチーフにしたその祭で、様々な人々の恋模様が咲き乱れる中、ある意味最高のタイミングで監獄から出所してきた【狂王】ハンニャがついにフィガロと邂逅する―― !!
レイたちは無事祭りを成功させることはできるのか!? 大人気VRMMOバトルファンタジー、恋は戦いの第12巻!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    決闘都市ギデオンで街を挙げての大きな祭り「愛闘祭」が開かれることになり、様々な人々の恋模様が咲き乱れる中、最高のタイミングで監獄から出所してきた【狂王】ハンニャがついにフィガロと邂逅する第十二弾。不穏な状況も垣間見える中で、相変わらずファッションセンスゼロなレイの大穴狙いやいろいろな恋模様、駆け引きも描かれる中、やはり今回の焦点は結婚したい最強ヤンデレ・ハンニャと、決闘したいフィガロの邂逅。演出された二人の激突と決着は熱かったですが、向き合った二人が迎えた結末の先はまた不穏な展開になりそうな予感ですね。

  • むっきゅー さん

    素敵なラブストーリーでした。デンドロだけど。今巻は愛闘祭という恋愛推奨イベントで、第二王女の見合いに始まり、ルーク&霞のデート、そしてメインはフィガロvsハンニャの決闘(ここにモーツァルトのダジャレ的な何か)でした。もちろん、レイとネメシス、アズライトも活躍しますが、今巻のような展開では主役を譲らざるを得ませんね。しかし、ヤンデレの鑑のようなハンニャと真実の愛を貫くフィガロに感動を禁じ得ない。ラストの急転直下から、アズライトの戦略はどのような答えを弾き出すか、次巻風雲急を告げる、のか?

  • 真白優樹 さん

    決闘都市にて街を挙げての大きなお祭りが開かれる中、出所してきたハンニャとフィガロが邂逅する今巻。―――アイのカタチは千差万別、普遍の正解なんてないから。 前巻がバトル祭りの巻なら今巻は息抜きのお祭りと言わんばかりの巻であり、笑いとツッコミ溢れる大騒動が繰り広げられる中、後の展開に繋がるであろう幾つもの出会いが繰り広げられる巻である。今この一時は一時だけでも休息を。その先に待つであろう新たな不穏の行方とは。そしてその中心を駆け抜ける事になるであろうレイ達はどんな景色を見るのか。 次巻も楽しみである。

  • はる さん

    ギデオンに戻り愛闘祭なるイベントを楽しむなかいろいろなイベントが起きるが... 今回見所はやっぱりフィガロとハンニャさんだね冒頭のやり取りやそのあとの出来事とても良かったです、レイとエフの闘いなどいろいろ面白かったです。

  • リク さん

    アイは人を動かす何よりの原動力。良し悪しはさておき。愛闘祭、カップルのための祭りに現れた嫉妬の巨人ハンニャ。何も起きないわけもなく。フィガロがメインで、バトルジャンキーな彼がどうするかと思いきや、予想外の展開で面白かった。戦闘面に優れ、男気もある。いい男だな。あと愛闘祭という対レイ用修羅場装置みたいな祭りで、レイの周りにネメシスとアズライトくらいしか女の子の影が見えなかったのが逆に不穏なんですけど。裏で何かあったのか邪推してしまうわ。シュウの周りでも不穏だし、この兄弟が事件の中心になるんだろうな…。期待!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品