図説 ヨーロッパの紋章 ふくろうの本

浜本隆志

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309762876
ISBN 10 : 4309762875
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
119p;22

内容詳細

紋章が秘める謎を解く。斬新な構図、美しい彩色。そのすべてが歴史を物語る。皇帝や貴族、都市、ギルドや屋号など、中世に生まれ、今も脈々と生き続けるさまざまな紋章を手掛かりに、その解読法、奥深い歴史と変遷を探る。紋章から読み解くヨーロッパ史。

目次 : 序章 生きている紋章/ 第1章 ヨーロッパ紋章の成立と発展/ 第2章 『マネッセ歌謡写本』に見る騎士の紋章/ 第3章 紋章官の登場とトーナメント/ 第4章 ヨーロッパ紋章学入門/ 第5章 ワシ、ライオン、ユリ、十字紋章の成立と変遷/ 第6章 シンボル表象にまつわる伝説/ 第7章 紋章が語るヨーロッパ史/ 第8章 ヨーロッパの共同体紋章への発展/ 終章 日本の家紋とヨーロッパ紋章の比較

【著者紹介】
浜本隆志著 : 1944年、香川県生まれ。関西大学名誉教授。ヴァイマル古典文学研究所、ジーゲン大学留学。専攻はヨーロッパ文化論、比較文化論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ikeikeikea さん

    ヨーロッパの紋章について豊富な図版で解説した1冊。家の紋章だけでなく市の紋章まで解説してくれてるのでこの本を読んでおくと、海外旅行に行く際により楽しめると思う。日本の家紋と西洋の紋章の違いについても章を設けて解説してくれているのが嬉しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品