描き込み式色鉛筆ワークブック ぬりえ感覚で質感や立体感の表現が上達できる

河合ひとみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416617502
ISBN 10 : 441661750X
フォーマット
出版社
発行年月
2017年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
160p;23

内容詳細

描きながら技法をマスター!解説とぬりえがセットになった新しいレッスン帖です。

目次 : 1 力を抜いて均一にぬろう(力を抜こう/ 水玉模様を作ろう ほか)/ 2 重ねぬりで色を作ろう(重ねぬりをしてみよう/ 濃さを変えて重ねぬりをしてみよう ほか)/ 3 立体感・質感について(白いりんどうの花/ 立体感て何? ほか)/ 4 いろいろなものを一緒に描いてみよう(金属のスプーン/ 赤いリボン ほか)/ 5 やってみよう(うるい/ 葉生姜 ほか)

【著者紹介】
河合ひとみ : 東京外国語大学ロシヤ語学科卒。1970年代初め、細密画を色鉛筆で描いてみようと思い立つ。大学卒業後、会社勤務や英語講師を務めるかたわら、イラストの仕事も続ける。現在は、朝日カルチャーセンター(新宿、立川&横浜)、毎日文化センター他、東京都及び神奈川県で色鉛筆画の講座を多数担当。色鉛筆に関する著書も多く、翻訳されて海外でも販売されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Akiki さん

    書店で中身を確認してとりあえず購入してみた。実施はこれから。

  • Rieko Ito さん

    塗りムラのできない塗り方を徹底的にトレーニングする本。その上で陰影の付け方もわかりやすく説明されている。欠点は、あらかじめ輪郭が描かれているため、ハイライトがお手本のように白く残せないところがあること。どうするのかわからなかった。あと、色数は最低60色は持っていることが前提になっている。色鉛筆画は忍耐力と経済力のある人向け。私は別の道を行くw

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品