チベット旅行記 上 講談社学術文庫

河口慧海

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062922784
ISBN 10 : 4062922789
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
439p;15

内容詳細

仏典を求めて、鎖国のチベットに日本人として初入国を果たした慧海の劇的旅行記は、西蔵の風俗・習慣の第一級資料でもある。日本、インドでの周到な準備。いざ西蔵へ。艱難辛苦の道中。ヒマラヤの寒さ、盗賊、野生動物、厳しい地形、国境越え…。仏信で打ち勝ちチベット入国。厳重な警備をくぐり抜け、チベット第二の都市シカチェからラサへと向かう。

目次 : 入蔵決心の次第/ 出立前の功徳/ 探検の門出及び行路/ 語学の研究/ 尊者の往生/ 入蔵の道筋/ 奇遇/ 間道の穿鑿/ ヒマラヤ山中の旅行/ 山家の修行〔ほか〕

【著者紹介】
河口慧海 : 1866年、大阪堺生まれ。哲学館などに学び、東京本所羅漢寺の住職となる。のち僧籍を離れ、仏教の原典を求めて1900年チベットに入る。わが国最初のヒマラヤ踏破者。日本チベット学の始祖。その後も、中国、インド、ネパール、チベットを訪れ、「在家仏教」を起す。晩年は「チベット語辞典」の編纂にあたる。1945年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ともゑ さん

    明治時代、仏典を求めて鎖国中のチベットへ旅をした僧侶の実話。チベット人になりすませるレベルまで語学力を身に付け、体力作りにも取り組み、密入国のルート探しは厳重に、厳しい自然にも負けず進み続け、強盗や人の疑いも仏道の教え…というか機転と判断力と知識で切り抜ける。上巻の大部分はそんな苦難の道のりが続く。それでも絶景を味わい歌を詠むほど余裕ある精神。もはやプロのスパイも顔負けである。ラサ入り後は意外な仕事で有名になり国の重要人物とも交流を深め外交についても知る。大丈夫なのか…??下巻へ。

  • 或るエクレア さん

    明治時代に日本人の僧侶がチベットに行くお話。当時のチベットは鎖国中であり役人に捕まったら下手したら死刑という厳しい状況だった。慧海上人は身元をシナ人と偽ったり、強盗に身ぐるみ剥がされたり、血を吐いたり苦労しながらラサまで辿り着く。ダライ・ラマ猊下や敬虔な仏教徒など清廉なイメージのチベタンだけど、当時のチベットはまだ中世みたいなもんで、人が不潔で荒っぽくて煩悩にまみれている感じで驚いた。お坊さんを強盗した後その坊さんにお経を唱えてもらって罪を洗い流す(でも盗んだものは返さない)とか凄いことをするww

  • tekesuta さん

    チベットへ渡航するまでの旅程、自然の美しさ、人々との丁々発止なやりとりなど、とても面白い。しかし、チベットの法王が8代から12代まで若年にて死亡(毒殺とかされてる)しているとは驚く。今の法王も大変だし、輪廻転生しながらこの役割を担っていくとかいうのは並大抵のことじゃないな。

  • ちゅん さん

    著者の行動力に感服です。当時鎖国中のチベットにこっそり潜入。氷河の湖を泳ぎ、盗賊に遭遇しても、チベット経典を手に入れるために動きます。

  • 茶利 さん

    明治の時代に仏教を学ぶためにチベットに渡り、ほとんど徒歩でラサへ向かうまでの道中がたいへんなことだったものだとよく分かりました。また、ラサの辺りでは、多くの人々が暮らしており、その中で、仏教が根付いていた様が一種の驚きです。著者の種々のことを学ぼうとする姿勢は大いに見習うべきであり、このような日本人がいたことは誇りであると思います。特に明治の人たちの中には、このような方が多かったように感じます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

  • 『サピエンス全史』の著者が描く衝撃の未来『ホモ・デウス』 我々は不死と幸福、神性をめざし、ホモ・デウス(神のヒト)へと自らをアップグレードする。そのとき、格差は想像を絶するものとなる。世界的ベストセラーが待望の邦訳。 HMV&BOOKS online|2018年9月6日(木)
  • なぜ日本人は幸福を感じられないのか? 物質的豊かさと便利さを実現したにも関わらず、なぜ日本人は幸福を感じられないのか。社会思想家の著者が資本主義の行き着く先を語る『さらば、資本主義』。 HMV&BOOKS online|2015年10月19日(月)
  • アメリカの転換期1950年代の正体を暴く 越智道雄×町山智浩の巻末対談も見逃せない!ピュリッツアー賞作家、デイヴィッド・ハルバースタムの『ザ・フィフティーズ 1950年代アメリカの光と影』がちくま文庫で登場! HMV&BOOKS online|2015年9月16日(水)
  • 齋藤佳子「信じる! 伝える! 実現する!」 TBS人気番組『マツコの知らない世界』でプレゼンターを務めた「全人類を応援する元NFLチアリーダー」齋藤佳子の、周りも元気にしてしまう超ポジティブな生き方とは? HMV&BOOKS online|2015年9月10日(木)
  • 話題の本「日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族」 8/13「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」(テレ朝19時〜)にて、1978年に「最後の帰還兵」として中国から帰国した深谷義治さんが取り上げられました。 HMV&BOOKS online|2015年8月14日(金)
  • 視覚が、触覚が、嗅覚が、あなたの思考を操っていたとしたら…? 人の思考や判断は、知らず知らずのうちに何ら合理性のない、 五感からの情報に大きく左右されている―そんな驚きの研究結果がこの10年で続々と発表され、心理学の世界で注目を集めている「身体化された認知」とは? HMV&BOOKS online|2015年8月13日(木)

おすすめの商品