グリム童話で旅するドイツ・メルヘン街道 地球の歩き方GEM STONE

沖島博美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478043493
ISBN 10 : 4478043493
フォーマット
発行年月
2012年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
127p;21

内容詳細

グリムを知れば、メルヘン街道の旅がもっと楽しくなる。へぇー!そうなんだ!グリム童話を知る楽しい特集が満載。

目次 : 第1章 グリム兄弟ゆかりの町(メルヘン街道への玄関口フランクフルト/ メルヘン街道の始まりの町ハーナウ ほか)/ 第2章 グリム童話の舞台へ(赤ずきんちゃんの故郷シュヴァルム地方/ 白雪姫の故郷バート・ヴィルドゥンゲン ほか)/ 第3章 伝説の町(鉄ひげ医者で知られるハン・ミュンデン/ ホレおばさんの故郷バート・ゾーデン・アレンドルフ ほか)/ 第4章 グリム童話を旅する(メルヘン街道の移動術/ メルヘン街道のホテル ほか)

【著者紹介】
沖島博美 : 旅行作家。ドイツ語圏を中心に取材・執筆を続ける。ドイツ・グリム兄弟協会会員

朝倉めぐみ : イラストレーター。多摩美術大学油画科卒業。本の挿絵や挿画などを多数手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • リカステ さん

    インフルエンザで寝込みながら、気分だけはドイツに行っていた。 フランクフルトから始まるメルヘン街道、その主要なポイントを街毎に解説している。ホテルなどの情報も網羅していて想像しやすくなっている。巻末にはグリム童話第七版の全200話のあらすじが掲載されていて何だか感動した。 ドイツに行くなら夏かな……冬は寒いって言うし、ハーメルンの野外劇なんかも夏前後しかやっていないみたいだし。メルヘン街道の交通には鉄道が良いらしいが、それでもひとつの街を移動する毎に相当時間がかかりそうだなあ。取り敢えずドイツ語頑張ろう。

  • やまゆ さん

    ずっと行きたいと思ってるメルヘン街道。人形劇見て、ザバブルグ城に泊まって、ねずみ捕り男の家でご飯食べて、ブレーメン目指して、ライン川を下るというプランは決まっているのだが、いついけるやら…。

  • ぼのまり さん

    グリム童話をメインテーマにグリム兄弟生誕の地ハーナウから「ブレーメンの音楽隊」の地ブレーメンまでを結ぶ街道ぞいにゆかりの深い土地、建物などを紹介したドイツの旅行ガイド。イラストがグリム童話をなぞらえていて、いい演出をしている。テーマを1つに絞って旅行するというのも面白そうです。もちろん、ビールとソーセージがつけば文句無しの旅になること間違いなしだろうなぁ。

  • tomatona さん

    久しぶりにグリム童話とその研究書を読みたくなった。でも、長いんだよね〜(童話) ドイツ行きたい!

  • Hadsukichi さん

    ドイツはメルヘン街道を実際にグリム兄弟やグリム童話のお話と共に紹介する本。メルヘン街道という名前しか知らなかったので、どのくらい距離があって、どんな町があってどんなものがあるのか、そしてどんなお話があったのか、etcをこの本から知る。読みながら、写真を眺めながら、行きたいところがどんどん増えていく。巻末にグリム童話のお話一覧が載っているのも嬉しい。知らない話も多く、改めてグリム童話を全部読みたいと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品